フォト
無料ブログはココログ

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月26日 (木)

いろいろ(781)「木漏れ日に泳ぐ魚」「宝を探す女」

恩田睦「木漏れ日に泳ぐ魚」&逢坂剛「宝を探す女」を読んだ。「木漏れ日~」の方は、殺人事件なんだけど結局だれがどのように殺したのか、そもそも殺人なのか事故なのかも明らかにされない。その「事件」を思い出すのが、二人の「きょうだい」(二人ともオトナ)で、二卵性双子の片方が養子に出されて大学のテニスクラブで初めてであって一緒に住むようになった、という奇妙な設定なんだけど、二人の巣をたたんで互いに別の道を進むべく引っ越しをする最後の夜に片づけを済ませて空っぽのアパートで宴会。思い出話をしているうちに、二転三転して衝撃の事実が、、というストーリー。思いもよらなかった展開になるというのは読んでてすごいなと思うけど、あまりにトリッキーな感じ。で、結局?という不満が残るのよね。。プロセスはおもしろいんだけど。

「宝を探す女」は作者の分身の「岡坂」さんが探偵として出てくる短編集。表題の「宝を探す女」は中華料理店のオーナー兼コックであるおばあさんがサムライの宝を探すという設定でお茶の水あたりを岡坂探偵を巻き込みながら徘徊するんだけど、まったく面白くなかった。オチも腑に落ちないし。裏番長だった成績の良い美少女をがけ下に落として殺す事件がテーマの「転落のロンド」の方がまだマシ。登場人物皆が誰かをかばって自分が犯人だと名乗り出る、というのが発表当時は新しかったのかもしれないけど、なんせ20年も前に書かれたもので、なんとなく古い、、という感触。
Komorebi
Takara2

2018年4月20日 (金)

いろいろ(780)「路上のX」「昭和史の10大事件」

今回の日本行では飛行機の中でずっと映画を観ていたので、読書の嵩がいかなかった。でも往きの飛行機が2時間遅れたので1冊は読了。

桐野夏生「路上のX」は女子高生ビジネスをテーマにしたもの。最近ではJKと略すらしいが、昔からそーゆー子たちは居たし、、と思いながら読んだんだけど、さすが桐野さん、そういう地獄にはまって行かざるを得ない女子高生たちの背景をこれでもかっというほど綴っていく。
もう1冊は読みさしで持って行って、帰ってきてから読み終えたんだけど宮部みゆき&半藤一利「昭和史の10大事件」。2・26事件とか、極東国際軍事裁判(東京裁判)とか、連続幼女誘拐殺人事件、とか、それぞれに選んだ10大事件を、なぜそれが重大なのか、そのころ自分はなにしてたか、ということについて対談してる本。
もうちょっと事件そのものの解説と重大性の意味を詳しく語ってくれると良かったんじゃないかと思う。ヘルシンキオリンピックをもうちょっとで逃した東大ボート部にいた半藤さんの悔しさの叫びは実感あったけどさ。
Rojou
Showashi

2018年4月14日 (土)

いろいろ(779)映画三昧

今回の日本行きでは往復とも飛行機の中では映画三昧。

1、アイ、トーニャ
http://eiga.com/movie/88310/
フィギュアスケート・ファンとしてはとても期待してたんだけど、やっぱり「実録」ではないからねぇ。不満足度の方が大きいな。
2、スターウォーズ 最後のジェダイ
http://eiga.com/movie/84134/
シリーズもここまで続けちゃうと、もう止めてあげようよ、とおもっちゃうような作品。
3、猿の惑星:聖戦記
http://eiga.com/movie/86144/
これもねぇ、シリーズ続けてるとここにたどり着くしかないな、と思う作品。ま、おもしろかったけど。
4、マイティ・ソー バトルロイヤル
http://eiga.com/movie/84136/
主人公は絶対死なない、っていうのがマーベルコミックスの鉄則。ま、オリジナルは漫画ですからねぇ。
5、ヴィクトリアとアブドゥール
http://mogitate.blogspot.se/2017/10/victoria-and-abdul.html
最近発見されたというヴィクトリア女王に仕えたインド人のハンサム召使いの日記に基づいて作られたのだそう。前半はコミカル、後半はシリアス。面白かった。
6、ブレードランナー2049
https://www.youtube.com/watch?v=UQfUCPW0Ako
1作目からの不気味感は継続。年取っちゃったハリソン・フォードを無理に連れてこなくても、、と思うけど。二転三転する謎解きも面白いけどね。
7、三度目の殺人
http://eiga.com/movie/86261/
これ、意味が分からなかった。犯人は本当に殺人を犯したの?
8、去年の冬、きみと別れ
http://eiga.com/movie/87552/
飛行機じゃなくて日本で見た映画。猟奇殺人を繰り返す写真家と恋人を殺されたルポライターの攻防。登場人物の関係が安易につながりすぎてるなぁとは思うけど、それなりに面白かった。
というわけで一番「映画らしくって」おもしろかったのは「ヴィクトリア~」かな。

2018年4月12日 (木)

いろいろ(778)戻りました

昨日の夜、日本から戻りました。

行きはヨーロッパ全体の管制塔のシステムが故障したとかでシカゴからの飛行機がコペンに入れなかったそうで、その機材を使うコペン発東京行きが2時間遅れ。で、成田に着いてホテルまでのスーツケースの宅配を頼むも、もう当日配達は無理とのことで翌日配達に。成田に着いたら予報通り暑くて気温26度。ストックホルムで着ていたそれでも薄めの春のコートはスーツケースの中に入れちゃって。。
で、翌日は10度位気温が下がったうえに風が吹いて寒いったらありゃあしないの。夕方会食に都内に行く前に横浜高島屋にいつものごとく漬物と佃煮を買いに行く予定だったから、震えながらコートなしの旅行着で出かけ、食料品売り場に降りる前に高級婦人服売り場でなにか着るものはないかと物色。シャネルのマネキンが着ていた上着がかわいかったので、シャネルじゃ無理だろうなぁと思いつつ(シャネルはサイズが小さいのよ、基本的に)中に入ったら、案の定、私の気に入った上着類はダメだったんだけど、カシミアのストールがあったの。薄いのにあったかい♪んで、XX万円のを買ってしまいましたわ(実際に寒かったから必要だったとはいえ経費で落としていいのだろうか、まだ悩み中)。ホテルに一旦戻ったらスーツケースが届いていて、スーツが着られたので実際にはストールの出番はなかったのだった。。
で、忙しく人に会ったり買い物に走ったりして、1週間の滞在を終えて昨日帰国。
日本では桜は間に合わなかったので、出発の前日に箱根まで見に行きまして。強羅公園というところに行ったのだけど、もともとあまり桜は得意でない公園のようだった。それにしても街も公園も坂の多いところでひーひーでした。駅から公園までの坂道の脇にある枝垂桜が綺麗でした。まだちょっと時期的に早かったかな。箱根はすっごく観光客が多かったです。外国人もいっぱいで(今回は時間的にきつかったので途中の強羅で引き返したから乗らなかったけど)ロープウェーは超満員。
やっぱり1週間だとちょっと短かった。10日くらいが適当かなぁ。。
Dsc00739a

2018年4月 2日 (月)

いろいろ(777)荷物の移動

明日、日本に向けて発つ。

大小のスーツケース1個ずつにリュック。大きいスーツケースは20㎏くらいで小さいのは10㎏くらいかな。リュックは多分6㎏くらい。大きい方は服とか靴とかの他に日本で郵便局までせっせと箱を運ぶための折り畳み式キャリアー(日本語で何て言うのかな?Amazonでみてみたらキャリーカートと呼ぶらしい)でいっぱい。小さい方は今回はお土産だけでいっぱい。健康的にクネッケにしたら嵩張ること、嵩張ること。とても割れやすいので手荷物で持っていくことにした。
ビジネスクラス(SASには割安のビジネスっていうのがあるのよ。数か月前に購入しないとすぐなくなっちゃうんだけど)なので、個数的、重量的にはもっと持っていけるんだけど一人だから持ちきれないのよね。
んで、帰ってくるときにはお土産も含めて郵送しちゃうし、服も自宅へ送るので行きより軽くなるの。で、空港バスで中央駅まで出て中央駅からはタクシーで移動。
行きは重いから、大抵一日前に大きなスーツケースだけ空港バス乗り場のロッカーへ預けておく。今日もさっき預けてきたら24時間90クローナだって。高い!
行くときに普通のバス待ってたら「ドア・ツー・ドア空港バス・タクシー」が通ってったので、アレレ?市内だけかと思ったらこんな郊外まで来るのね?でもウチから空港までだとかなりの値段になっちゃうからやっぱり清く正しく、従来の方法で行くわ。
成田に着いたら、宿泊先の海老名までの移動にいくつかの方法があって、最近は羽田空港行バス&羽田空港から海老名駅までのバスを使ったりする。帰りは海老名からタクシーで本厚木まで行って、そこから成田行きのリムジンバス。成田で大きなスーツケースだけホテルに宅配サービスを使う。なんせ、着いたら暑くて暑くて重い荷物なんか引っ張るエネルギーないし、着ていったコートも荷物になるし。明後日の到着時の成田の予想気温25℃よ!こちらは出るときはまだマイナスの気温なのよ!
駅の中の移動がめんどくさくなければ空港リムジンで新宿か横浜に出る選択肢もあるんだけど、どっちも反対側から反対側まで人ごみの中を突っ切っていかなくちゃいけないのね、乗り換え時。自分一人の移動だってあの人混みの中だと恐怖なのに、25㎏以上の荷物を持ってなんか、無理無理。
というわけで、行ってきます~。明日だけど。
http://www.cityterminalen.com/sv/Kundservice/Forvaringsboxar/

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »