フォト
無料ブログはココログ

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月28日 (日)

いろいろ(723)「猿の見る夢」

桐野夏生「猿の見る夢」を読んだ。ここ最近の桐野作品よりはかなり読みやすかったけれど、やっぱり最後はかなりオドロオドロしく。

主人公の薄井はOliveというファッションメーカーの平役員。取引銀行からの出向で、ハズレくじを引いたはずの人事だったのだけど、会社が急激に大きくなって、現会長である85歳の創設者の引退時にはもしかしたら社長になれる可能性もあるとホクホク皮算用。でも10年来の愛人からはそろそろどうしてくれるのさ?と突き上げがあり、糟糠の妻は有閑マダムの付き合いから妙な占い師にはまり、次男は自宅で引きこもり。占い師は「夢見」で、依頼人の家に泊まり込んで夢のお告げを伝える。50万円とか100万円とかの報酬で。
薄井の妻の依頼額は200万。薄井は夢見を踏み倒して、奈落に沈んでいく。
で、占い師は「見ざる聞かざる言わざる」にはもう一匹の猿があって、、と説明し、鼻で笑う薄井が最後に見たものは、跡形もなく消え去った彼女の自宅の脇の猿の影。。
私だったら、夢がかなったり、悪い出来事を回避できるんだったら、100万円なんて安いわっ、と払うかも。。でも、ポジティブにかなうんだったらいいけど、ネガティブな結果の回避、なんてホントかどうか信じられないかな。
でも、たかだかあと20年の人生だったら、どうなろうとこの世はかりそめの夢の世界、かな?
Saru

2017年5月22日 (月)

いろいろ(722)「銀の猫」

朝井まかて「銀の猫」を読んだ。文藝春秋で阿川佐和子と介護についての対談をしていて、江戸時代の介抱人というのに興味を持ってAmazonで取り寄せた本。江戸時代には介護専門の派遣業があったのだそうだ。史実かどうかは知らないけど。

久々の「時代小説」だったけど、サクサクと読めた。美貌だけど超だらしない母親の借金のために離縁されたお咲は普通の女中より実入りの良い介抱人として働く。介抱人を雇えるほどの家は豪商であったり、武家であったり、お金持ちではあるけど、それぞれに問題を抱えていた。介抱人は三日勤めればsへろへろに疲れて一日休まねばならぬほどの重労働をこなしていく。しゃっきり治る人もいるが、亡くなる人もいる。江戸時代の暮らしの中で生と死を介護の現場かで否応なく考えさせられるお咲だった。
Ginnoneko

2017年5月20日 (土)

いろいろ(721)「強父論」

阿川佐和子「強父論」を読んだ。阿川弘之が厳しくウルサイ人で、家族が皆、戦々恐々として仕えているというのはよく知れ渡っていたので、まあ、この本の内容も想像できたけど、ホントにその通りだったのね。

不思議なのは誰も本格的な反抗しなかった、っていうところで(ちっちゃな反抗はあったとこの本にも書かれているけど)、ついていかせるだけの良いところがあったんだろうね<阿川父
「きかんしゃやえもん」は好きだったな。
阿川佐和子は、婦人雑誌に連載していたエッセーは好きだった。小説はまだ読んだことない。「サワコの朝」は結構楽しみにしてる。でもこれまですごく素敵な服を着てたのに(婦人雑誌ではモデルなんかもしたてのに)毎回ダサい服なので不思議。
ご結婚おめでとうございます。でも本の中にも何度も出てくるけど若いころからいっぱいお見合いしてたのになんでこの年になっちゃったんでしょうね。
Kyofuron

2017年5月16日 (火)

いろいろ(720)「ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて」

高須克也「ダーリンは71歳・高須帝国より愛をこめて」を読んだ。Amazonで別の漫画や本を注文する時に、まあ、これも、、と躊躇しながら注文した者なんだけど、、やっぱりやめときゃよかった。。前よりつまんないっす。挟まれてる西原理恵子の漫画もつまんないし。オススメしません。もう実生活だけ熟年の恋を楽しんでればいいじゃん、という感じ。

Darin71takasu

2017年5月15日 (月)

いろいろ(719)じわじわと迫りくる花粉

今年の春は寒くなったり暖かくなったりで、桜も一斉にじゃなくて、日当たりの良いところからちょぼちょぼ開花、っていう感じだったけど、白樺もそんな風で、ちょぼちょぼと緑色を増している。

それでも花粉は朝夕はしっかり入り込んでくる。寒さが挟まる分期間が長いんだろうなぁ。。
まだ、目がかゆくてたまらない、というところまではいかなくて主としてくしゃみばかり。私にはClaritinっていうアレルギー薬が効くみたい。目薬(かゆみ止め)は一種類しか売ってないんだけどね。
Dsc00653a
Dsc00651a

2017年5月 6日 (土)

いろいろ(718)ウチのさくらもようやく満開

ウチ(のアパートの前にあるちょっとショボイ桜の若木)もようやく満開(の一日前くらいかな)。2日前に行ったストックホルム大学の桜より美しいですわん。種類が違うのかな?

Dsc00648a
だからなんだってサカサマになるんじゃ??
Dsc_0007a_2

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »