フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(695)「凍える牙」 | トップページ | いろいろ(697)「コンカツ?」 »

2016年12月25日 (日)

いろいろ(696)「祈りの幕が下りるとき」

東野圭吾「祈りの幕が下りるとき」を読んだ。いくつかの絞殺事件が絡みつく。被疑者は女優で舞台監督。追うのは刑事の加賀恭一郎。彼自身の母の死の真相も絡む事件。読みごたえはあるけど、やっぱ途中でからくりがわかっちゃうかも。ま、でも、アマゾンの書評で★4つは妥当と思える作品。

コメント欄に書き込みができない(多分私だけ。。)ので欄ごと外すことにしました。
→と思ったんだけど変更できないでやんの。。
Inorino

« いろいろ(695)「凍える牙」 | トップページ | いろいろ(697)「コンカツ?」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/64672055

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(696)「祈りの幕が下りるとき」:

« いろいろ(695)「凍える牙」 | トップページ | いろいろ(697)「コンカツ?」 »