フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(692)「ようこそわが家へ」 | トップページ | いろいろ(694)「使命と魂のリミット」 »

2016年12月21日 (水)

いろいろ(693)3DSで麻雀にはまる

今回の日本行で3DS用麻雀ゲームソフトを購入してきまして。昔使っていた麻雀専用機より4人でプレイできる分だけ少しは頭良くなっているんだけど、やっぱ、本物に比べると隔靴掻痒の感あり。画面の0関係からかツモ数が半分なので、一泣き、即りーにならざるを得ないし。

まあ、でも、いっぱい遊べることは確かですね。
Dsc00584

« いろいろ(692)「ようこそわが家へ」 | トップページ | いろいろ(694)「使命と魂のリミット」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

カード頂きました。
実は当方、下記のような心境の変化があって、定年退職したときに在職時の人間関係は一旦清算するつもりでいました。(はっきり言ってしまえば年賀状等のやり取りはやめる、ということです。)退職から5年たってしまいましたが、来年からはそうするつもりでいて、年賀状にもそれとなく書いています。カードをお送りいただけるとは想定していなかったのでご連絡が遅れましたが、ここからご連絡させていただきます。

一旦清算するつもりになった理由は、IcT関連の仕事、研究の双方とも、熱意を失ってしまったからです。(年齢もありますし。)

IcTに疑問を感じ始めたのはだいぶ前からなのですが、特に2010年頃からは、
・利用者に重大な損失を与えかねないスマートフォンアプリが販売されたり、(カレログ)
・検索にヒットしやすいキーワードが並んでいるが全く信頼性に欠ける情報ばかりのWebサイトが出てきたり(Welq)、
・それとなく特定の方向に誘導するTV報道があったりで(どこでも多かれ少なかれ…)、
ネットにしろ、TVにしろ、書籍にしろ、メディア経由で情報を入手する意義について疑問を感じていました。
在職中の関係に依存する限りは、手に入る情報はIcTから離れられないのは明確な事もあり、もっと手ごたえのあるものを、育てる方向で行きたいということもあり。

清算後は、学生の時に考えて、環境が全然整わなかった課題を、生涯学習的な位置付で扱えたらいいなと思っています。情報系の話ではあるので(ITではあってもIcTとは限らない)、話がうまく育って、どこかで昔の人間関係が復活することもあり得ますが、その時には「始めまして」というお付き合いができればいいなと思っています。
そのためには、仕事の付き合いは年だから引退します位のあいさつで止めておくのがよいとは思いますが。

Pricken
なぜかコメント欄に自分でコメントをかけないので、ここでお返事します。
ご事情承知しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/64652766

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(693)3DSで麻雀にはまる:

« いろいろ(692)「ようこそわが家へ」 | トップページ | いろいろ(694)「使命と魂のリミット」 »