フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(691)ノーベル・レセプション | トップページ | いろいろ(693)3DSで麻雀にはまる »

2016年12月15日 (木)

いろいろ(692)「ようこそわが家へ」

池井戸潤「ようこそわが家へ」を読んだ。駅で横入りした男を注意したら逆恨みされて自宅を荒らされる事件。花壇をぐちゃぐちゃにされたり、郵便受けに瀕死の猫が放り込まれてたり、車に傷がついていたり、がパンクしてたり。犯人が二人、とか、盗聴器が仕掛けられているとか、どんどん恐怖が増していくのと並行して、主人公の勤務先ではきな臭い横領事件が。。

池井戸潤お得意の銀行がらみの話と、自宅を荒らす偏執狂との闘いと。銀行がらみでは悪者が最初から明らかにされてるんだけど、なかなか尻尾をつかませない展開。自宅ミステリーの方には、革クラフト・サークルに行く妻の方の「ミステリー」も絡んで、ちょっとやりすぎじゃないの?と思わされるほど。
ま、久しぶりに小説読んでおもしろかったですけどね。、ゲームしたりYouTubeみてるよりは生産性があるかも?
Youkosowagayahe

« いろいろ(691)ノーベル・レセプション | トップページ | いろいろ(693)3DSで麻雀にはまる »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/64628634

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(692)「ようこそわが家へ」:

« いろいろ(691)ノーベル・レセプション | トップページ | いろいろ(693)3DSで麻雀にはまる »