フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(681)「陸王」 | トップページ | いろいろ(683)「家族写真」 »

2016年10月10日 (月)

いろいろ(682)「民王」

池井戸潤「民王」を読んだ。陸王とは全く違う小説。ちょっとふざけすぎの感じがして好きじゃなかった。政治家の息子や娘と親が入れ替わってしまう。虫歯の治療をした際にチップを埋め込まれてそれが人格チェンジの引き金となるのだとか。でもって、それはアメリカの軍事技術で、アメリカの製薬会社の陰謀なんだって。日本の政治はめちゃくちゃで漢字もろくに読めない首相がいるのはそのせいなんだって、って、うーん、それが文学の素材か?

陸王を先に読んでおいてよかったな。こちらはドラマ化されているそうです。
Tamiou

« いろいろ(681)「陸王」 | トップページ | いろいろ(683)「家族写真」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/64326359

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(682)「民王」:

« いろいろ(681)「陸王」 | トップページ | いろいろ(683)「家族写真」 »