フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(678)「女のいない男たち」 | トップページ | いろいろ(680)「約束の冬」 »

2016年9月28日 (水)

いろいろ(679)「三税枚の金貨」

宮本輝「三税枚の金貨」(上下)を読んだ。彼の作品らしくディテールの描写が事細か。最初詩巡航が痔ろうで苦しむところなんか(著者は)絶対、次郎経験者だわね、、と思わされる。文具会社の3人の仲間が、和歌山県の田舎に隠された3千枚の金貨を探す、っていう話なんだけど、ゴルフ技術の説明とか、いろんな愛人関係とか、宮本流に詳細に描写される。

で、結局、宝が本当にあるのかどうかは確かめずに、ほのぼのと終わる結末。かなり尻つぼみ。うーん、彼の代表作ではないなぁ。。
Sanzenmai

« いろいろ(678)「女のいない男たち」 | トップページ | いろいろ(680)「約束の冬」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/64270231

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(679)「三税枚の金貨」:

« いろいろ(678)「女のいない男たち」 | トップページ | いろいろ(680)「約束の冬」 »