フォト
無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月25日 (金)

いろいろ(649)「博多殺人事件」

内田康夫「博多殺人事件」を読んだ。意外な人物が犯人、というだけが取り柄(?)の小説だった。老舗デパートと大手ショッピングチェーンの攻防なんだけど、引っ張って引っ張って、最後に全然関係ない人たちが出てきて、最初に見つかった死体も別人、って、なんかズルイわ。。浅見探偵の推理もいつにまして強引だし。ケータイがでてこないので変だなと思っていたら、やっぱり初出は1991年なんだとか。。表紙が新しいから新作かと思っちゃったわよ。

浅見光彦も確か引退したはずだし、もう、無いものねだりはよそうと思っても、やっぱりもしかしたらおもしろいかも、って買っちゃうんですよね<内田康夫
本日よりイースター休暇突入。Godispasarを10人分用意したのにPoskkarringarは来なかった。。雨傘を持って出ると雨は降らない、っていうのと同じね、きっと。
Hmv_6488290

2016年3月20日 (日)

いろいろ(648)「7年目のセキララ結婚生活」

けらえいこ「7年目のセキララ結婚生活」を読んだ。「あたしんち」がおもしろかったのでエッセイ漫画もどうかと思って購入したのだけれど、おもしろくなかった。夫に腋毛を抜いてもらう話とか、ゴハンの残りを食べてもらう話とか、背中をマッサージしてもらう話とか、どーでもいーじゃん、そんなこと。。だから続編が出ないのね。。

「精霊の守り人」がNHKのドラマになるそうな。みたいなぁ。アニメはよくなかったけど、ドラマは結構いけるかも?
ジュニア・フィギュア世界選手権で本田まりんちゃんが優勝♪YouTubeで制限がかかっているみたいで彼女のFPの演技だけが見られない。ま、ちょっと待てばロシア課スペインかでアップしてくれるんじゃないかと思うけど。まりんちゃんは外国での方がミスなく滑れるみたいですね。
インドア陸上選手権も開催中。地球の裏側(アメリカ西?)のせいで、真夜中が決勝、夕方は予選で、長々と放映しているライブが予選ばかりでつまらない。もともとインドア陸上というのは、正調レスリングに対するプロレスみたいに、なんかちょっとうさんくさいというか偽物っぽいというか、ホントじゃない感はなはだしいんだけどね。スウェーデン選手も日本選手も活躍しないし。
ま、でも、多分明日も見るんだけどさっ。
Sekirara

2016年3月15日 (火)

いろいろ(647)「テルマエロマエ」

ヤマザキマリ「テルマエロマエ」全6巻を読んだ。Amazonからオトナ買いして、届いて即読了。おもしろかった。映画(II)を先に観てたんだけど、映画もなかなか良かったす。ローマ時代のお風呂の設計者がお湯の底に吸い込まれて現代の日本の銭湯に出没する、って発想もよいし、いろんなものを持ち帰っちゃうっていうのがおもしろい。続編出てるのかな?

午前中外出してて、帰ったら停電してた。オナカがすいてたのに、電気が無いとお湯も沸かせないし、電子レンジも使えないから、仕方なく、サンドイッチを作ってぼそぼそと食べた。PCも使えないし、電気スタンドも使えないから読書もできないので、ニンテンドー・ゲームしかやることがなかった。現代社会って不便なのね。
Ternae

2016年3月14日 (月)

いろいろ(646)「獅子吼」

浅田次郎「獅子吼」を読んだ。きれいな言葉が溢れる、そこはかとなく悲しい調子の短編集。表題の「獅子吼」は戦時に殺されることになったライオンをめぐる話。その他、没落していく老舗旅館で心中した客と首吊りしたオーナー・コックの死骸を1年半も見守った番頭の「九泉閣」。京都を追い出されて東大受験のために東京の異母姉のところにやってきた弟の寮生活を描く「うきよご」。戦争末期に満州で戦争忌避のためにさすらっていた将校を描いた「流離人」など。

 元気な時じゃないと、読み進むのが重たい感じ。

お米が残り少なくなっているので明日は日本食買い出しに行かねば。天気が良いといいんだけど。NKのダブルポイント期間が20日までなので、化粧品とかお洋服チェックにもいきたいし。Gudrun Sjodenのワンピースが寝巻にとても良いことを発見したので、買い足しにも足を運ばねば。雑用で忙しいのですわっ。


Shishikuhyoshi

2016年3月10日 (木)

いろいろ(645)「月の上の観覧車」

萩原浩「月の上の観覧車」を読んだ。いろいろな人生での喪失と希望を描いた8篇の短編集。表題の「月の上~」は、末期がんにかかった社長が翌日には売却する、自身の小さな遊園地(彼はホテルチェーンのオーナーでアミューズメントパークも持っていた)の観覧車に乗って、死んだ家族に再開するという物語。8篇の中では付き合ってきた男に作ってきた料理で関係性を語る「レシピ」がおもしろかった。

「レシピ」からの連想。数日前にスパゲティ・ミートソースを作ったのだけど、手抜きをして、ひき肉と玉ねぎを炒めトマトピューレだけで仕上げたんだけど、なんとも、もっちゃり、昔のナポリタン風に仕上がっちゃって残念な結果になってしまった。ちゃんとブイヨンを入れてスープで煮込むという手間をかけないと正当な味にならないのだと悟って。
数日前から春物のお洋服を求めてデパートをさまよっているのだけど、本日もトライするも購入したのはTシャツ2枚とストッキングだけ。お金使ってやるって息巻いてるのに、どこに隠れちゃってるんだろう、爽やかな春のワンピースたち。。
ストッキングを6箱買って、フェイスクリーム売り場に移動して、払おうとしたらカードが無い。。とりあえず現金で支払った後、ストッキング売り場に走ったらレジのおばさんがカード情報ををPCに入力している最中で「今、探そうとしてたところ」と返してくれた。なくなったらひどいことになっていたとぞっとした。そのまま地下の食料品売り場に移り、サラダと惣菜ビュッフェでテイク・アウトして家で食す。サラダだけで125クローナ(約1500円)分も詰めちゃったので1回では食べきれなかった。総菜の方は温野菜とかスペアリブグリルとか鮭の中華風とか詰めたんだけど。こっちは85クローナ(約1100円)で、これも食べきれなかった。
いろんなものをちょっとずつ食べたいというときには便利。
Tsukinoueno

2016年3月 4日 (金)

いろいろ(644)「大迷走」

逢坂剛「大迷走」を読んだ。覚せい剤密売の真相を追って御茶ノ水署生活安全課保安二係の斉木斉&梢田威が神保町を迷走する。最後はちゃんとオチがつくけど、そこに至るまではなんともめちゃくちゃで読みにくい。逢坂剛ともあろうものがこんなの書いちゃいけないわ。捜査に当たった警官が殺人犯というのも禁じ手だと思うし(上のデコボコ・コンビではない)。

YouTubeで、さんまのまんま、とか、サワコの朝、とか、誰だって波乱爆笑、とかを見るのが好きなんだけど、最近はあまりアップされてなくて、未踏の番組、徹子の部屋、もみるようになった。黒柳徹子さんのしゃべりが非常にききにくい。誰でも年を取れば聞きづらい話し方になるんだろうけど、いやしくもしゃべりを生業にしていた人があんな風になっちゃうなんて。。
Daimeisouhyoushi

2016年3月 3日 (木)

いろいろ(643)「霜の降りる前に」

ヘンニング・マンケル「霜の降りる前に」上下を読んだ。父の跡を継いでイースタ署の警察官になるリンダは旧友のアンナが疾走して捜索に奔走する。その一方で白鳥や子牛やペットショップが燃やされたりする事件が続く。そうこうしているうちに教会が放火され、その中から私刑を受けたようなアメリカ女性の死体が見つかる。犯人は、、。

話があっちこっちに飛んでちょっと読みにくかった。怪しい嘘つき女アンナもずっと話を引っ張るほど魅力的ではないし。。ま、でも、最後にはちゃんといろんな糸が結ばれて納得できるのはマンケル流。もう読めなくなっちゃったんだなぁ。。
久しぶりに日本食の買い出しに行ったんだけど、お醤油とか焼き肉のたれとかソース類を買ったら重くなっちゃって、いくつか予定したものをあきらめざるを得なかったのが残念。また明日買いに行くのもちょっと悔しい感じ。お洋服でも買いに行っちゃおうかしら。
Kirino1
Kirino2

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »