フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(643)「霜の降りる前に」 | トップページ | いろいろ(645)「月の上の観覧車」 »

2016年3月 4日 (金)

いろいろ(644)「大迷走」

逢坂剛「大迷走」を読んだ。覚せい剤密売の真相を追って御茶ノ水署生活安全課保安二係の斉木斉&梢田威が神保町を迷走する。最後はちゃんとオチがつくけど、そこに至るまではなんともめちゃくちゃで読みにくい。逢坂剛ともあろうものがこんなの書いちゃいけないわ。捜査に当たった警官が殺人犯というのも禁じ手だと思うし(上のデコボコ・コンビではない)。

YouTubeで、さんまのまんま、とか、サワコの朝、とか、誰だって波乱爆笑、とかを見るのが好きなんだけど、最近はあまりアップされてなくて、未踏の番組、徹子の部屋、もみるようになった。黒柳徹子さんのしゃべりが非常にききにくい。誰でも年を取れば聞きづらい話し方になるんだろうけど、いやしくもしゃべりを生業にしていた人があんな風になっちゃうなんて。。
Daimeisouhyoushi

« いろいろ(643)「霜の降りる前に」 | トップページ | いろいろ(645)「月の上の観覧車」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/63296644

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(644)「大迷走」:

« いろいろ(643)「霜の降りる前に」 | トップページ | いろいろ(645)「月の上の観覧車」 »