フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(627)「下町ロケット2ガウディ計画」 | トップページ | いろいろ(629)「銀翼のイカロス」 »

2015年12月31日 (木)

いろいろ(628)「わが心のジェニファー」

浅田次郎「わが心のジェニファー」を読んだ。ちょっと不思議な展開の小説。NYに住むオタクっぽい金融マンのラリーは父母に捨てられ(離婚した後それぞれにすぐ次の相手と結婚して行方不明)退役軍人の祖父(海軍提督であった彼は今でも人々にアドミラルと呼ばれて尊敬されている)とその従順な妻の祖母に育てられた。で、日本大好きな金髪のジェニファーと恋仲になりプロポーズするが、彼女は条件として日本に一人旅して来い、という。大の日本嫌いの祖父に育てられたラリーは、恋人の異常なまでの日本びいきを理解するためにも良いチャンスだと3週間の一人旅に旅立つ。

日本にいる間はPCもケータイも持ってはいけない、毎日自分に手紙を書け、というジェニファーの約束を(ほぼ)守りながら、東京・京都・大阪・北海道まで珍道中を繰り広げるラリー。日本人女性と恋仲になったり、美味しいものを食べ狂ったりして最後にたどり着くタンチョウヅルの里で思いがけない人に出会う。
日本旅行の部分はかなりユーモラスに「ガイジンが見た日本」として綴られているが、ちょっとはしばしに日本在住でないとわからないはずのディテイル(ゴミの分別収集)なんかの瑕疵があって残念。
こんな結婚条件なんてないようなぁ、と思いつつ読み進んでいくと最後にとてつもないドンデン返しが。。でも、やっぱり、それはできすぎじゃぁ。。
Amazonの評価は★三つだったけど、ワタクシ的には三個半くらいあげてもいいかも。
Jeniferhyoushi

« いろいろ(627)「下町ロケット2ガウディ計画」 | トップページ | いろいろ(629)「銀翼のイカロス」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/62976761

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(628)「わが心のジェニファー」:

« いろいろ(627)「下町ロケット2ガウディ計画」 | トップページ | いろいろ(629)「銀翼のイカロス」 »