フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(623)ソースが惜しい | トップページ | いろいろ(625)ようやく冬 »

2015年12月24日 (木)

いろいろ(624)銀行がお金を持っていない

朝10時半に銀行に行った。窓口で現金を下ろそうとしたら「当行では今朝現金が終了してしまったので別の支店に行くかATMを使用してほしい」と言われた。この銀行は私のメーンバンクなんだけど、私はこの銀行のカードは持っていない。口座を先に作っていた別の銀行二つにそれぞれVISAカードが連結しているので、これ以上カードを増やしたくないからだ(カードを持つこと自体は構わないけれど、手数料がかかるし、なにより暗証番号を覚えるのが面倒だし。。)。

でもさあ、銀行にお金がない、なんてブラックジョークよね。
でもって、通常、銀行がお金を持っている場合でも、自分の口座から引き出せるのは1回に5000クローナ(約7万5000円)まで。って、自分のお金よぉ?なんで出せないのよ、っていつも思ってたんだけど、ついに0クローナになってしまったのか。。
ATMシステムがずっとちゃんと機能するとは限らないし。金融危機なんかになったらどうするのかっ?!
マットレス貯金(スウェ国では箪笥貯金の項をこう表現する)をするほかないではないか。ま、政策金利がマイナス0.35%だから、マットレス貯金でもいいんだけどね。。

« いろいろ(623)ソースが惜しい | トップページ | いろいろ(625)ようやく冬 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

流通するお札の総数を制限する、ということなのでしょうけれど、頭では判っても実感がわきにくい状況ですね。これ以上の混乱は願い下げにしたいところですけれど。

銀行強盗のリスク回避だと思います。それにしてもスウェーデンの銀行っていうのは窓口にいるのは1人かせいぜい二人で、後の数人は背後の机で電話かけたり、なにかしてるんだけどゴン公の仕事ってなに?といつもいぶかしく思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/62926640

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(624)銀行がお金を持っていない:

« いろいろ(623)ソースが惜しい | トップページ | いろいろ(625)ようやく冬 »