フォト
無料ブログはココログ

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月29日 (木)

いろいろ(611)「水の中のふたつの月」「希望の地図」

 乃南アサ「水の中のふたつの月」と重松清「希望の地図」を読んだ。「水の中の~」は、小学生の時に同級生の男の子を「おまじないで殺した」三人の少女が、大人になってから再会してまた奇妙なオトモダチ関係になって、殺人を犯すおどろおどろしい物語。伏線が見えすぎててちょっとわずらわしく感じるけど、三人の女たちの異常さの描写は秀逸。

「希望の~」は、東日本大震災の取材をしているフリーのジャーナリスト(重松清の分身)が不登校になった友人の息子(中学生)を伴って現地に取材で走る、という半ドキュメンタリー。読んでいるうちに涙が出てくるけど、別に小説仕立てにしなくてもよかったのでは?福島や岩手には行ってみたい気もするけど、今のところチャンスはないな。。東京五輪、一部福島開催ということだそうだけど、外国の選手は行きたくないだろうから協議によっては日本に有利な結果になるかも?まさかそれを狙うわけではないだろうけど。
手術まで1週間を切って、ただひたすらけがをしないように静かに待っているところ。少しでも傷があると手術は延期になるそうなので。あー、早く終わってほしい。。

2015年10月27日 (火)

いろいろ(610)「私のこと、好きだった?」「妊娠カレンダー」

林真理子「私のこと、好きだった?」と小川洋子「妊娠カレンダー」を読んだ。「私のこと~」はトウの立った(42歳)女子アナ美季子は大学時代の同級生、兼一が好きだった。兼一は同じく仲間だった美里と結婚したが、若い子を妊娠させてしまい、離婚してそちらを妻に迎える。離婚された美里は癌で逝く。華々しい女子アナの世界で生き残っていく美季子は医者と結婚するが、高齢出産で障害児を生む運命となる。迷いっぱなしの40代の人々の物語。

「妊娠カレンダー」は芥川賞受賞作。その他に「ドミトリイ」と「夕暮れの給食室と雨のプール」も収録された薄い文庫本なのだけど、。おどろおどろしい小川洋子ワールド満載。なんでこんなに気持ち悪く書けるのだろう?でもこういうのが芥川賞ごのみで、多分、ノーベル賞選考委員なんかにも好ましく思われるのかも?
疲労感いっぱいでなんとなく体調不良。しきりに炭酸水が飲みたくなる。ドラクエ8も時間ばかりかかってなかなか進まないし。もう寝ようっと。

2015年10月25日 (日)

いろいろ(609)「40、フォーティ、翼ふたたび」

石田衣良「40、フォーティ、翼ふたたび」を読んだ。うだつの上がらぬ40歳の人々が立ち上がる連作短編。主役は広告代理店をやめてフリーのイベント屋になった喜一。引きこもりの40歳、銀行やの40歳、オタクの40歳、がんを患ったコピーライターの40歳などが最後はイベントの主役になる。石田衣良の出世作である「14」にひっかけてるんだろうけど、まあ、おもしろく読めた。ちょっと作り過ぎの感は否めないけど。

昨夕は美女たちとパキスタン料理を堪能。インド料理より繊細な感じがしたけど、脂っこい感じ。味は悪くなかった。
帰国後1週間、通訳仕事なんぞもあってまだ疲れが残ってる感じ。手術までの10日間ゆっくり仕事をしながら静かに過ごそうと思ふ。

2015年10月18日 (日)

いろいろ(608)「キング誕生」「鳩笛草」「ロスジェネの逆襲」

石田衣良「キング誕生」。宮部みゆき「鳩笛草」、池井戸潤「ロスジェネの逆襲」を帰りの飛行機の中で読んだ。

「キング誕生」はこれまで池袋ウエストゲートパークにめっちゃクールなボスとして出てきていたキングがどうしてキングになったのかという過去の解説物語。カッコいいわね、キング♪
「鳩笛草」は超能力をもった主人公たちの中編集。未来が見える智子(「朽ちてゆくまで」)、ものを燃やすことができる青木淳子(「ばん祭」)、触るとその人の心が見える貴子(「鳩笛草」)、どれもかなりおどろおどろしい。解説によれば宮部みゆき自身は超能力は信じていないそうだけれど、私はあると思うな。程度の差はあれ、結構どの人にも。
「ロスジェネ」は銀行物語で、例の半沢さんが倍返しをする話。企業買収とか融資とかかなりくどいところもあるけど、結構わくわくしながら読んだ。
2週間の日本滞在はちょっと長かったかも。眠いので寝ます。

2015年10月13日 (火)

いろいろ(607)和食は喉がかわく

日本滞在中。本当は明日戻るはずだったのだけど諸般の事情により3日延期。滞在中に延期を決定するのは初めてだったけどまあどうにか調整。
行きの飛行機の中で、乃南あさ「旅の闇にとける」を読んだ。丁寧だけどくどい表現で彼女は小説の方がずっと良いと思った。
ジュラシックワールドとソロモンの偽証も見たので寝る時間がなかった。
今日は図書館戦争2を見た。アクションが多すぎた。
和食は喉が渇いてしょうがない。ペットボトルのお茶ばかり飲んでいる。
日本では、ガウチョパンツにブーツという変なファッションが流行っている。
iPadは入力しづらい。ドラクエ8をやろう。

2015年10月 3日 (土)

いろいろ(606)「結婚詐欺師」

乃南アサ「結婚詐欺師」を読んだ。これでもかっ、というくらいに見栄えの良い(本当は禿げてるんだけどカツラも3種類)中年紳士にだまされる女たち。20代も、30代も、40代も、50代も、60代も。捜査本部に入る刑事の昔の恋人が死後のカモに。昔の恋人に相手がプロの結婚詐欺師だと教えることはできない葛藤。

20年前に書かれた本なので、まだ、ポケベルなんかが小道具に使われているのがちょっとアレだけど、おもしろかった。
明朝出発。レセプションの招待状が届いて戻ってくる日とバッティングしたので、帰りを1日早められるかSASにきいてみたんだけれど、切符の差額と変更にかかる費用が合計で3800クローナ(約5万円強)かかるというのであきらめましたわ。ホテルとかケータイ電話を借りる契約とか変更もめんどくらいしね。
ということでいってきまーすです。

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »