フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(604)「地のはてから」 | トップページ | いろいろ(606)「結婚詐欺師」 »

2015年9月28日 (月)

いろいろ(605)「不発弾」「氷雨心中」

乃南アサ「不発弾」&「氷雨心中」を読んだ。どちらもミステリー短編集。「不発弾」には、テレビ界の復活劇をテーマとする「幽霊」、デパートの地味な職場で働く主人公をないがしろにするような勝手な家族に爆発する「不発弾」、ものすごく旨い煮込みの秘密の「かくし味」、タクシー運転手としての生活が嫌になってもう死んでやるっと思った最後の客が想定外の展開となる「夜明け前の道」、痴漢を誘発してゆすりをやっていた女の子二人に起こる悲劇「夕立」、、嫌みな客が福の神だったという「福の神」が収録。「かくし味」が一番どっきりだけど、救いのある結末の「夜明け前の道」も秀逸。

「氷雨心中」はもうちょっとおどろおどろしく、にhンの伝統工芸を舞台にしたもの。香作りの祖母の仕事を手伝うようになった男の子の物語「青い手」は、連城三紀彦の解説を読むまでミステリーだとはわかんなかった。匂いがヒントなのね。「鈍色の春」は子異母とが変わるたびに着物を染め変える美人の依頼を受ける染色師の話。ラストがどっきり。氷雨春秋は杜氏になりたい青年の物語。祖父の事故が重なるっていうのは最初からちょっと想像できるかも。「こころとかして」は宝石デザイナーになりたい歯科技工士が勝手に恋して勝手に裏切られる話。「ガリレオ」になんか似たような話があった気がするけど?「泥眼」はお面の話。ちょっとテーマに振り回されて書くだけで精いっぱいだったような?「おし津提灯は突然夫の前に現れた幼馴染(芸者になっててその後地元で料亭を開く)のために提灯を作る手伝いをする妻の復讐物語。
乃南アサの初期の短編集のようです。ちょっと不気味な味付けが特徴かも。わかってますって。小説なんか読んでるバヤイじゃないです。日本行きまで1週間を切ってしまっているのに、原稿は遅々として進まず。。ま、明日からガムばりませう。

« いろいろ(604)「地のはてから」 | トップページ | いろいろ(606)「結婚詐欺師」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

直前って何故か目がそれてしまいますね。試験直前とか、締め切り直前とか。
まあでもいつものことなら、いつもの通りに終わっているのではないかとも。
終わったあとはしっかり休みましょう ( ^^) _旦~~

ハハハ、、(と力なく笑う)。あたたかきお言葉ありがとうございます。まだ50分の2ですが、がむばります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/62367802

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(605)「不発弾」「氷雨心中」:

« いろいろ(604)「地のはてから」 | トップページ | いろいろ(606)「結婚詐欺師」 »