フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(603)「ニサッタ、ニサッタ」 | トップページ | いろいろ(605)「不発弾」「氷雨心中」 »

2015年9月20日 (日)

いろいろ(604)「地のはてから」

乃南アサ「地のはてから」を読んでしまいましたぁぁ。北海道の知床に開拓に入った福島出身の一家の物語。知床っていうのはアイヌ語で「地の果て」を意味するのだとか。よくそんなところまでいったよね。。「ニサッタ、ニサッタ」に出てくる95歳のばあちゃんの2歳から中年くらいまでの時期の歴史。最後に初恋のアイヌ青年に幻滅する場面がかなり残念。なんでそこまで夢を壊さなくちゃいけなかったんだろう?

知床行ってみたい。今回は無理だろうけど、脚が治ったら挑戦してみようかな?でも、香港にも、台湾にも、ハワイにも、オーストラリアにも行ってみたいんだけど<5月以来ヒコーキに乗ってないのでお尻がウズウズちう。あと2週間で日本なんだけどね。

« いろいろ(603)「ニサッタ、ニサッタ」 | トップページ | いろいろ(605)「不発弾」「氷雨心中」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/62318410

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(604)「地のはてから」:

« いろいろ(603)「ニサッタ、ニサッタ」 | トップページ | いろいろ(605)「不発弾」「氷雨心中」 »