フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(584)TVの効用 | トップページ | いろいろ(586)ヤバイっス »

2015年7月11日 (土)

いろいろ(585)「ジャイロスコープ」「壺霊」

伊坂幸太郎「ジャイロスコープ」と内田康夫「壺霊」を読んだ。

「ジャイロ~」は7編の短編集。なんでも相談に殺人依頼が来るとか、セミンゴという不気味な生き物とか、戦争の危険を憂う4重人格とか、人生やり直しとか、サンタクロースの会社とか、新幹線の掃除人とか、新幹線の中で後ろに座った怪しいやつの会話とか、不気味な伊坂ワールド満開。不条理短編が続くとちょっと目まぐるしくて疲れるかも。
「壺霊」は京都を舞台にして、紫式部と呼ばれるすっごく綺麗で価値のある壺をめぐる謎を浅見光彦が解いていく話。歴史ある街京都、美味しいものもいっぱいで、いろんな年齢の美女たちに結婚を迫られる、というんだけど、展開がノロい。京都新聞に連載してたのだそうだけど、何度も繰り返し背景説明があるのでちょっとうんざり。前半に出てくる仕掛けも中途半端なまま公判で消えてしまうような感じだし、意外な人物が殺人事件の犯人なんだけど、ムリクリ犯人に仕立て上げたような?
あー、またこれで読む本がなくなってしまった。。原稿書きに勤しめばいいんだけどさぁ。

« いろいろ(584)TVの効用 | トップページ | いろいろ(586)ヤバイっス »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

こういう時って、資料(文書ですが・・;)を読み返す気にはなかなかならないのですよね ・・; ・・;

そうなんですぅ。<資料を読み返す気にも、新しく読む気にもなれない。夏は短いんだし、って言い訳したりして。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/61873298

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(585)「ジャイロスコープ」「壺霊」:

« いろいろ(584)TVの効用 | トップページ | いろいろ(586)ヤバイっス »