フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(578)「漱石と倫敦ミイラ殺人事件」 | トップページ | いろいろ(580)「アイム・ファイン!」「神苦楽島」 »

2015年6月25日 (木)

いろいろ(579)「北の街物語」

内田康夫「北の街物語」を読んだ。浅見光彦が地元(北区)で不達の殺人事件の謎解きをするんだけど、思わせぶりな美女が何人も彼に迫ってきたり、住人が「有名な探偵」を彼をほめそやしたりするのが鼻につく。妖精と呼ばれるブロンズ像が姿を消し、北九州のやくざが殺される。カギとなるのは競輪の予想屋とレンタカーのナンバーで。。ふーん、という結末。

怠け癖がついたのか調子が出ない。ま、もうちょっと静かにしててもいいかな、とも思うけれど。

« いろいろ(578)「漱石と倫敦ミイラ殺人事件」 | トップページ | いろいろ(580)「アイム・ファイン!」「神苦楽島」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

リハビリの進捗の様子を見ながら徐々に調子を取り戻されるのがよいのでは、と思います。
まだまだ先があるし、一回一回きちんと上げることにして、今回の遅れは次回で、ということにするとか・・ ← 何を偉そうに β(^ ^;)

ありがとうございます。リハビリもさぼり気味、というか、歩いてるだけ。ま、そのうちなんとななるでせう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/61794611

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(579)「北の街物語」:

« いろいろ(578)「漱石と倫敦ミイラ殺人事件」 | トップページ | いろいろ(580)「アイム・ファイン!」「神苦楽島」 »