フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(573)「棄霊島」 | トップページ | いろいろ(575)「一路」 »

2015年6月11日 (木)

いろいろ(574)「終わらざる夏」

浅田次郎「終わらざる夏」を読んだ。根室からカムチャッカ半島まで続く火山島の列島、千島列島では、太平洋戦争の末期に決戦に控えて、強力な戦車部隊が投入されていた。南の方が手薄になって船も全部なくなり、引くに引けずにそのままピカピカの精鋭部隊は鮭の缶詰工場のほかは何もない島から撤退できなかったのだった。領土を確保したいソ連が日本の無条件降伏の3日後に戦争を仕掛けてきて、日本兵たちはシベリアに抑留されてしまうのだった。

戦争小説って暗いからヤダなと思っていたのだけれど、いろんな背景を持つ登場人物のそれぞれの物語がおもしろくて一気に上中下3冊読んでしまった。浅田次郎はふざけた作品はかなりフザケルけど、真面目な作品はとてもまじめで、ちゃんとした小説読ませてもらったぁ、と感動する。
一昨日、合計1時間以上歩いた後遺症で筋肉痛。あまり無理するもんじゃないわね。それにしても6月上旬で気温13℃ってどーよ?

« いろいろ(573)「棄霊島」 | トップページ | いろいろ(575)「一路」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

第二次大戦時の日本の戦車が世界レベルで見てまともな性能を持っていたか、まじめに考え込んでしまうとちょっとアレな気もしますが(開戦は無謀、一年経って終戦への努力が全く始まらなかったのはもっと無謀)、それは置いといて・・、と。
こちらでは買い物に往復で90分、帰りには多い時で5Kg以上の荷物を提げて歩く、なんてこともありますが、いきなりつきあって帰り道で立ち往生した人もいたので^^;、長時間歩くのも善し悪しですね。もっとも前に3カ月ほど入院した時には、入浴解禁になった当日、入浴後に風邪をひいたので、初日はなにかと無理がかかることもあるのではないかとも思います。ともあれ、無理はせぬように。
ところで今こちらは21℃なのですが、13℃というのは気温が高いということですか。(こちらでは18℃を切ると寒い感じがします。)

今日歩いたときには3日前よりも少し早く歩けました。でもすぐに休憩を取りたくなりました。
夏は18℃くらいは欲しいですね。5月の日本滞在中は28℃なんていう気温でしたが梅雨で低くなっているのでしょうか?21℃って結構快適なのでは?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/61725264

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(574)「終わらざる夏」:

« いろいろ(573)「棄霊島」 | トップページ | いろいろ(575)「一路」 »