フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(561)「蜩ノ記」 | トップページ | いろいろ(563)呪いを解く方法 »

2015年4月23日 (木)

いろいろ(562)呪いは続く

呪いの日々が続いている。。実家の母の具合も悪いし、昨日は左手小指を鉄のドアに挟んだ。挟まれている間に「あれっ、挟まれているなぁ、、」と何もしないで見つめている自分にびっくり。理解力・注意力・集中力が極端に欠けているような。

気がつけば南スウェーデンから白樺の花粉が押し寄せてきているらしい。桜もさかんに開き始めたし。症状は出ていないけれどあわてて花粉症の薬を飲む。
こんな時に限って公私にわたって来客があったり、出張セミナー(でばって話をしてくる)の予定があったり。一つ一つを淡々とこなしていく。本来ならばまとめてやっていたことも、一個一個片づけていくだけ、淡々と、粛々と。「最終的に帳尻が合えばよいのよ」というのが最近の口癖。いろんな締め切りも、従来のアタクシだったらずっと以前にカタを付けていたはずが、締め切り日に原稿を送るという新システムになっちゃってるし<それでも遅れないだけマシかも

呪いを解くためには何をすればよいのだろう?(先日のジュースは効果がなかった)
バイキングの時代にはどうしていたのかな?ちょっと調べてみようかしら。

« いろいろ(561)「蜩ノ記」 | トップページ | いろいろ(563)呪いを解く方法 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

いろいろな事が一度に押し寄せてきて手に余るときにはこうするしかないのでは・・
・他人に頼めることは頼んで、
・他人に頼めないことは順番をつけて一つ一つ片付け、
・どうしても仕方のないことは仕方ないと割り切る(往々にしてここが一番気にかかる)。

えてして大変な時にはいろいろな事がドッと押し寄せてくる・・ 通過して行ったらその時にはゆっくり静養することにして。

叡智のお言葉、ありがとうございます。本当にいろいろ重なりますねぇ。それでも「夜はあける」と信じて。今朝はとてもきれいな朝焼け♪

余計なことですが・・;;
私も今の地に来て約30年間、精神に問題を抱えた親族の介護で手いっぱいで今の地に束縛状態となり、実家には全然手が回りませんでした。(実家どころか当地での仕事にも・・)
退職して翌年くらいに母を事故で亡くしまして、もっと早く戻れればと思うことしきり・・ でも当時はこの地で全然余裕が無く、無理に戻れば放り出して戻ったみたいな噂にされそうで・・

まあ、それでもようやく落ち着く地点が見つかって、ここしばらくは平静を取り戻しつつありますが・・
 ・・;
自分を壊すことだけはないように。

親はいずれ先にいってしまうのだからしょうがないとはいえ、何もできないのがつらいですね。このところスウェーデン政府予算案について原稿を書いていて、野党と与党の違いは要は何を先にやるか、という優先順位の問題にすぎないという結論に達しました。自分の生活においても優先順位のつけ方を考えないと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/61479791

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(562)呪いは続く:

« いろいろ(561)「蜩ノ記」 | トップページ | いろいろ(563)呪いを解く方法 »