フォト
無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

いろいろ(559)「今夜は心だけ抱いて」

唯川恵「今夜は心だけ抱いて」を読んだ。35歳の時に離婚し、当時5歳だった娘を父親のもとに残した柊子は翻訳家としてどうにか独り暮らしを続けていた。現在は47歳。で、元夫から、ロンドンに赴任することになったので17歳になる娘美羽を半年間預かってくれないかという突然の電話がかかってくる。元夫の今の妻と小さな息子はつれていくが、美羽は大学受験なので連れていけないのだと。

美羽は自分を捨てた母を憎んでいたが、他の選択肢はないので仕方なく一緒に住むことになる。が、その直前、打ち合わせの食事会に向かう途中、停電でエレベーターが故障し、母娘は閉じ込められてしまう。数十分後復旧したのもつかの間、エレベーターは急降下し、母と娘は強く互いの頭を打ち、、カラダが入れ替わってしまう。
で、47歳の体に入った娘と17歳の体となった母の生活が続く。
最後にまた頭を打つ事故が起こるのだけど、元に戻るのかな?という予想は覆される結末。
17歳から47歳の30年間の人生を飛び越える勇気はないなぁ。一番「大切な時期」というか意味深い時期じゃん?
数日前に、スウェーデンの詩人で2011年にノーベル賞を受賞したトーマス・トランストレンメルが亡くなった。83歳だったかな。ノーベル賞が間に合ってよかった。追悼の翻訳を書こうかとも思ったけれど、著作権法違反になっちゃうのよね、ちっぽけなブログでも。透き通った感じの詩を書く人だった。
運勢の本によれば、私の今年は「変化の年」だったように記憶しているけど(本がどっかに埋もれてしまっていて確かめられない)、本当にいろいろ変化中。悪い方向へ向かう変化ではないと思うけれど、いろんな様相でそれぞれかなり大きな変化。人生、何が起こるかわかりませんなぁ。

2015年3月23日 (月)

いろいろ(558)「太陽は動かない」「今夜 誰のとなりで眠る」

吉田修一「太陽は動かない」と唯川恵「今夜 誰のとなりで眠る」を読んだ。「太陽は~」は絵に描いたようなハードボイルド。日中韓のエネルギープラントプロジェクトにまつわるスパイの暗躍。謎の美人AYAKO、ものすごい拷問と、親のネグレクトの下で育った身寄りのない子どもたちを育てて作られる殺し屋軍団。なんか、sこまでやらなくても、、っていう感じになるし。

「今夜~」は、唯川作品によく見られる、関係者がそれぞれ絡んでいく物語で、今回は得体のしれない秋生(あきお)が突然事故死したことによって、「関係者」が自分の人生を振り返りながら右往左往する話。ちょっとくどい気もするな。
1週間前に転んで強打したオシリがまだまだ痛い。尾骶骨周辺なのでまともに座っていられないし、仰向けに寝ることもできない。うつ伏せや立っていたりすると腰や股関節によくないので、もう、踏んだり蹴ったりですわん。いったいアタシがなにをしたとゆーの?
それでも雄々しくポジティブに生きねば。

2015年3月16日 (月)

いろいろ(557)「マスカレード・ホテル

東野圭吾「マスカレード・ホテル」を読んだ。ホテルを舞台に、というのが先にあったような感じ。連続殺人事件のカギは現場に残された謎の数字。刑事がそれを次の事件が起こる場所の緯度と経度だと解釈する。で、次の事件は豪華ホテルで起こるはず。

ホテルの従業員として刑事を紛れ込ませて警備している中、変な客がいろいろとやってくる。で、結局、最後に狙われたのは思ってもいなかった人物で。。
ちょっと「創りもの」すぎる感じ。無理につじつまを合わせているというか。ホテルの客とか従業員の対応はそれなりに面白いけど。
ホテルに泊まるのは結構好き。大抵のホテルのベッドは堅くて気持ちが良いし。ヨーロッパのどっかでお尻のところが凹んだどーしよーもないホテルにも泊まったこともあったけど。朝食のバイキングは良いけど、夕食のバイキングはあまり食べたくもないな。そういうサービスをするスウェーデンのホテルもあるけど、大抵は辺鄙なところで食べに行くのが大変な立地のとこ。
4月の初めに出張に行くかどうか迷っているとこ。でも多分日帰りにするだろうな。ホテル高いし。

2015年3月15日 (日)

いろいろ(556)ドラクエ考

ずいぶん長く「風雲のシレン」をやっていたのだけれど、さすがに飽きて、ドラクエの古いのをしている。ニンテンドーDSは寝転がってやれるので、仕事その他でボロボロに疲れた時でもオッケーなのだ。ゲームしながら寝てしまうこともたびたびあって、家人によれば、眠っていてもゲーム機を放さないのだそうだ(キグチコヘイか、私は?)。 DS&3DS用ドラクエはものすごくやりこんでいるので、古いゲームももちろんストーリーは熟知しているために、あまりにストーリー性が高いと全部わかっちゃってて面白くない。「天空の花嫁」(V)ははにょめを3人の中から選ぶ、という選択肢があるのだけれど、いまだにビアンカ以外の花嫁を選んだことがない(だって、それはあんまりでしょ、ビアンカちゃんに)。天空の花嫁はよくまとまったストーリーだと思う。 今やってる「幻の大地」(IV)はI~IIIに比べると格段にレベルアップされた構成のせいか、あっちこっちに飛ぶのがめんどくさい。あと主人公が天使になっちゃうやつ(Xだっけ?)は、音楽もストーリーも暗くて気がめいるし、石板を集めるというの(何番だっけ?)は展開が決まりすぎてて面白くないし、トルネコが出てくるやつ(VIかな?)も言われたとおりに進んでいかなくちゃいけないのに腹ふくくるるし。 「モンスターズ」系のは仲間にするモンスターのバリエーションが楽しめるので結構おもしろいんだけど。こっちもものすごくやりこんじゃってるので手に取る気がしないし。。 というわけで、日本では3DS用に発売されたという新しいFFに期待しようと思ふ。今度日本に行ったら買おうっと♪ いろんなことがまとめに入る3月。今後の展開が決まらないといろいろ宙ぶらりんなのでゲーム逃避は必然なのよね。

2015年3月 9日 (月)

いろいろ(555)インドア陸上欧州選手権

週末は室内陸上欧州選手権をTVでみていた。欧州に限ればスウェーデン選手もそこそこ活躍できるのでTV放映もちゃんとあるから。同時にエストニアで開催されていたフィギュアスケートの世界ジュニア選手権にも大きな関心があったのだけど、そっちはスウェーデン選手は決勝にも残れないレベルだし、もともとフィギュアスケート自体がスウェーデンTVでは無視されがちなのであきらめなくてはいけなかったのだった。

で、室内陸上。スウェーデン選手はまあまあの成績を収めたけど、そもそもちょっと人工的過ぎるというか、なにもそこまでして室内にトラックを作る必要がある?と思ってしまうのは私だけ?100mトラックが取れないから60m走にして選手はゴールした後、壁に張ったマットレスに飛び込んで止まるというのもなんだかなぁ。。ジャンプとか砲丸投げとかは室寧でも屋外でもあまりかわりはないだろうけど。
でもって最近のアスリートは見栄えも重要ということで、皆、おしゃれなのね。女子選手はほとんど長い髪だし。三段跳びの選手でポニーテールの先が砂についてしまってメダルを逃した人がいたけど、そういうリスクは最初から回避すべきだと思うんだけど。ショートヘアにするかお団子にすればいいじゃん?
でもって、あいかわらず投擲競技以外は皆オナカがペッタンコなのね。背が低い選手も筋肉隆々だし。女性でも。やっぱり鍛えなくちゃいけないんだろうなぁ。
走る人は欧州選手権でも白人が少なくなっているのも最近の特徴かも。ロシア代表に限ってはまだ肌が黒い人はいないみたいだけど。陸上競技をTVでじっくりみていると人種の違いがはっきり映るみたいで、オシリがちゃんとブルンブルンと突き出した形をしていないと早く走れないみたいなんだけど?
なんて、関係ないことを考えながらだらだらとTVの前で過ごす時間もそれなりに味のある週末。世界フィギュアは再来週だっけ?これは多分ちょこっと放映されるんじゃないかな?楽しみ。

2015年3月 1日 (日)

いろいろ(554)不思議なトルコ料理

金曜日に久しぶりに美女たちの会食。今回は私の希望でトルコ料理店へ。新聞で「トルコのお好み焼き」が褒められてたのよ。日本の新聞で、トルコ現地のレポートだったんだけど。

ストックホルムにはレバノン料理店はいっぱいあるんだけれど、トルコ料理店はあまりないのね。で、新聞によれば「お好み焼き」は東西に長いトルコの東か西かどっちかの地方の郷土料理とのことで、セーデルマルムのそのトルコ料理店にあるかな?とメニューをみてみたらありそうだったので、わくわく挑戦。ついでに「トルコ餃子」なんていうのもメニューにあったし♪
で、その「お好み焼き」が出てきたんだけど、、、「ピザ」だったのぉぉぉ。すごく薄い生地にラムの挽肉ペーストを塗って焼いたもので、レモンをかけて食す方式。それなりに美味だったんだけと、「これじゃない感」いっぱい。。
餃子の方はとっても小さなラム挽肉入り餃子がクリーム(ヨーグルトかも)のソースで煮込まれていて、これもそれなりに美味しかったんだけど、やっぱり、イメージしていた「餃子」じゃないなぁ。。
前菜のメゼはレバノン料理とほとんど同じで、ナンのようなパンにいろんなペーストを塗って食べるもの。これも美味しかった。
デザートのアイスクリームはフツーのレストランの3倍くらいの量で出てきて安いし、トルココーヒーもグッドだった。お会計もかなりリーズナブル。
トルコ料理ってレバノン料理ほど酸っぱくなくてで結構好みではあったんだけど、、(しつこく)お好み焼きじゃない。ホントにこれがトルコの伝統料理?
#お店はメドボリヤルプラッツェンの駅近くのエンパティっていうところです。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »