フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(540)いろんな翻訳 | トップページ | いろいろ(542)それどころじゃない新年 »

2014年12月29日 (月)

いろいろ(541)寒さと翻訳とスケート中継

1週間ほとんど家にこもって翻訳。書斎で作業をしていると足が冷たくなり、背筋が寒くなり。厚い靴下をはいて、ロングスカートをはいて、セーターを取り出して、それでも寒いのでショールをかけて。みな黒いので、魔法使いのおばーさんみたいだわさ。

寝不足て風邪気味だからかな、と思っていたら、家にこもっている間に外は気温がマイナス10℃くらいになってる。地面も白くなってるし。どーりで寒いわけだわね。
学術論文よりも児童文学の方が訳すのに時間がかかるのだと知る昨今。「文学」は中身が濃いというか、さくさく訳せないのね。この大変さを出版社の編集者はわかってないんだろうな(怒)。
フィギュアスケートの町田君が突然引退してしまった。うーむ、ちょっとヘンな人だとは思っていたけど、引退の仕方もヘンだった。きれいなスケートをする人だったのに、残念。日本選手権だとこちらのTV中継はないから、Yahooスポーツで文字による実況中継をチェックしながら翻訳を進めていくのも一興。時間のかかり方がちょうどよいのよね、数行翻訳すると裏のページに飛んでスケートの結果をチェックしてくの。大相撲なんかでもペースが合うんだけど。あれは1月だったかな。まだ翻訳が続いているんだろうなぁ。。
ま、いったん引き受けたんだから泣き言は言わない。プロは勝たねばならない。

« いろいろ(540)いろんな翻訳 | トップページ | いろいろ(542)それどころじゃない新年 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

学術論文は用語の意味が分野で一意に決まっているけれど文学は著者ごとに違いますからねぇ。文学では辞書に載っている訳語が適当とは限らないので、気になりだすと一歩も進めなくなる・・・
それにしても、窓を二つ開いて往復するって、ついやりたくなりますね。うっかりすると本業でない方に気を取られたりするときがあるのですが ・・ ・・ ・・;

翻訳は内容がおもしろくてもずっと訳し続ける体力がもうないので、裏窓の方で「瞬時の気分転換」をしないと、台所に行ってそのままなにか食っちゃう、という展開になりかねないので、適度な裏窓を用意することが重要です。トランプゲームなんかでもいいんだけど、いつもは1,2分で片付くやつが、時に45分とかに及んだりして。。

なんのかの言っているうちに新年になってしまいました。ということで・・
あけましておめでとうございます \(^∀^)ノ。

翻訳しながら新年を迎えました。なんという年になるんでしょう?!おめでとうございます。あと30ページだ。。

子が独立して年末にも戻らなかったり、仕事としてでなく自分のためだけに作文を続けていたりする身からすれば、仕事が回ってくるのは頼られている証とも見えます。 \(^∀^)ノ
子という存在、帰ってくると親は準備に追われ、帰ってこないと閑散とする分自分でイベントを組むことになり、結局親は忙しい・・ でも、帰ってくるときの準備は目的がはっきりする分遣り甲斐にもなる。

仕事にしても、追われてしまうと大変ですが、読者から頼られているのだ、と思えば遣り甲斐になるのでは、と、やらない立場からは勝手に思える、とか言ったりして (^o^;)。
進捗にメリハリをつけて、終わってしまえばよい記念になるのでは。

励ましのお言葉、ありがとうございます。今年は新年の花火もかなり少なかったなぁ、と思いながらサクサクと進みました。子どもたちは週末くらいに顔を出すのではないかと思いますが、そのころには終わってるかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/60882683

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(541)寒さと翻訳とスケート中継:

« いろいろ(540)いろんな翻訳 | トップページ | いろいろ(542)それどころじゃない新年 »