フォト
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月24日 (日)

いろいろ(517)多忙の理由

このところ忙しくて本も読めず、原稿も進まない。その理由は、主として夕方TVを見ているからである。いつもはTVはほとんど見ないのだけれど、夏は陸上競技&水泳の季節ゆえ、中継があるのだ。世界ジュニア陸上のあとはスウェーデン国内選手権(これはショボイ。が、しょぼいなりに面白い)。そのあとは陸上の欧州選手権。で、それが終わって、今日まで水泳の欧州選手権。陸上のダイヤモンドリーグも復活したし(夏休みで中断していた)。

陸上競技は冬は室内で行うようになったけれど、あのチマチマ感は嫌だ。60m走って壁のマットレスにぶつかるとか、いじましいというしかないじゃないか。やっぱり青空の下で走るべきよ。で、ダイヤモンドリーグみたいな、世界から一流の選手を集めて競わせる、というのは、ちゃんとした選手権と比べると「ショウ」なので、本気度が違うのね。だからスウェーデン国内選手権みたいなレベルがそんなに高いのでなくてもそっちのほうが真剣味があって好ましいの。

8月最終週(年によっては9月のはじめ)の週末には、スウェーデンとフィンランドの間だけで行う陸上競技の「フィンキャンペン」(フィンランドではもちろん違う名前で呼んでると思う)があって、これは陸上各競技(すべての競技ではないと思うけど)に両国から3人ずつ代表が出て、総合得点を競うというもので、みなちゃんと本気なので結構面白い。今年は来週末。

それが終わると、仕事の季節ね。はうう。

2014年8月15日 (金)

いろいろ(516)犬も手荷物持ち込み可の飛行機

出張で南スウェーデンへ飛行機で飛んだ。アーランダ空港発着のSASの番号が付いた飛行機だったのだけど、ネットで切符を購入したときに座席の予約が可能だったので、選んだのだけど、選択肢が「ADF」の三つしかなかったので、???と思ったのだった。よくあるような座席表はついていない。ADFとはなにか、がよくわかんなかったのだけど、とりあえず「7A」を選んだ。

で、7Aは実に正解だったのだった。つまり一列に3つしか席がなくて、Aが独立してて、DFが反対側に二つくっついてて、AとDの間が通路だったのだった。

で、あろうことか、プロペラ機で。Braathens Regionalという航空会社が機材と職員をSASに貸し出してるのだった。でもって、さらにびっくりしたのは、犬連れ客が結構いて、犬は手荷物のカバンの中にちょこんと入って飼い主と一緒に乗り込んでいるのだった。乗ってる時間は50分だったけど吠える犬はいなくて(泣いてる人間の赤ん坊はいたけど)みなしつけが良いのだった。

仕事中だったので写真が撮れなかったのがちょっと残念。地下鉄やバス、デパートなんかが犬OKで、最近はホテルでもOKのところが増えてきてるけど、飛行機もOKだとは思わなかった。しかも手荷物で。世の中は進化してるのだなぁ。

2014年8月10日 (日)

いろいろ(515)「舞姫通信」

重松清「舞姫通信」を読んだ。理由なく自殺した双子の兄を持つ27歳の教師(海と呼ばれる)が主人公。彼は研究者の道を断たれ、女子高校の教師になる。その女子高校には10年前に校舎から飛び降り自殺した生徒がいて、舞姫と呼ばれており、今でも彼女を慕う生徒が「舞姫通信」という「新聞」を作って全校生徒に配っている。兄(陸とよばれる)の恋人はやり手の芸能プロダクション専務で、陸の代わりに海と性的関係を持ち、「海に無断で」妊娠する。彼女は心中に失敗して生き残った17歳の男子を「自殺志願者」としてTVデビューさせる。

「なぜ自殺してはいけないのか」、「なぜ生きるのか」なんていうのがテーマなんだろうけど、やっぱり、初期の作品だけあってこなれてなくて読みにくい。1999年作とのことだけど、ワープロだったり、記憶媒体がフロッピーだったり、TV局への投稿がFaxだったり、いかにも古い背景。オチが落ちてない感じがするし。

ちょっと疲労気味で何もしなかった日。一つ原稿書いてしまいたかったんだけど、まだ暑いから明日に延ばそう。天気予報は暑さもそろそろ終わりだといってるんだけど、あと一週間くらいは続くかな。家人に扇風機を探しに行ってもらったらどこでも売り切れと言われた、と憮然として戻ってきたんだけど、ゲットできた頃にはきっともう秋風が吹いてるわん。さー、もう一冊くらい読み始めちゃおうかしらん。

2014年8月 6日 (水)

いろいろ(514)懐かしのアイスランド

スウェ国は猛暑。建物の中に熱がこもって汗がダラダラだし、熱帯夜で寝苦しいし。外に出れば風が爽やかだったりするんだけど。

2週間前のアイスランド旅行では気温12~14℃くらいだったからかなりの差だ(ストックホルムは最高気温30℃くらい)。アイスランドはやっぱり自然がすごいなと思った。圧巻は溶岩の間から流れ落ちる滝。間欠泉もまあ、すごかったけど、しみじみ感動するというものではなかった。

クジラはほんのわずかしか見られなかったけれど、ぬいぐるみのような顔をしたPuffinが飛ぶところも見たし、思ったよりずっと食事が美味だったし、総じて満足の旅行でしたわ♪アイスランドに住みたいか?と問われれば答えは否だけど、ときどき遊びに行くには良いところかも。

Island2_2

Island2_1

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »