フォト
無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

いろいろ(513)「銀行総務特命」

池井戸潤「銀行総務特命」を読んだ。主として融資に関する銀行内の不祥事を内部調査する総務部の「特命班」が不正を暴いていく短編小説。限られた分野だと思うのによくもこれだけいろいろなストーリーが書けるものだ。銀行の仕組みを知ってないとかけないだろうね。

でもやっぱ、「下町ロケット」が一番好きだな、池井戸作品の中では。銀行モノ、新装版再発売してたからあと2冊買ってきちゃったけど<日本で。

それにしてもあづい。。熱帯夜で毎晩寝苦しいし、日中は仕事しながら汗でドロドロになるし。雷を伴った熱帯スコールみたいなのが降ってるし。それでも雄々しく戦場に出かけてゆかねば。朝ごはん、食べよっと。

2014年7月26日 (土)

いろいろ(512)「オー!ファーザー」&「ナニワ・モンスター」

アイスランドで読んだ本残りの2冊。伊坂幸太郎「オー!ファーザー」と海堂尊「ナニワ・モンスター」。「オー!ファーザー」は父親が4人いて皆同居しているという設定。主人公の由紀夫は中学2年生で父親それぞれからいろいろ指導を受けているので文武両道のイケメン男子。母は出張とか残業とかでほとんど物語の中に出てこない。4人の父親と同居、っていうのはかなり無理な話だと思うけれど、まあ、そこは伊坂ワールドで強引に、やくざとか選挙とか引きこもりとかいろいろ話が絡まっていく。本の帯によれば映画化されたようで、映画の方がおもしろいかもしれないなと思った。

「ナニワ・モンスター」は、浪速の独立を図る知事と、官僚による地方イヂメと、Aiセンターにまつわる司法と医療の対立とがテーマなんだけど、海堂作品にしてはちょっとこなれてない感じ。解説によれば彼の新しい方向なんだそうですが。

一週間留守にして帰ってみればスウェ国は暑いのね。アイスランドも予想ほど寒くはなかったけど。

いろいろ(511)Jag är ju så jävla easy going

アイスランドで読んだ本。イェンニー・ヤーゲルフェルト(Jenny Jägerfeld)の「私はほらイージーゴーイングだからさ」(Jag är ju så jävla easy going)。ティーンエージャー向けの本だというのにこんなにグロテスクでいいの??と思っちゃう本。

主人公ヨアンナ(Joanna)は高校2年生でADHD。お母さんは数年前に小説を書いてヒットしたけどその一冊だけしか認められなくて、ずっと原稿は書き続けているんだけど出版社から突き返されるだけ。お父さんは心理学関係のセラピストになりかけていたのに自分がうつ病になってしまって日がな一日口もきかずTVのクイズ番組を観ているだけ。

で、両親がまったくお金を稼がないので、ヨアンナは自分の学習手当てを家計に差出し、家の中にあるものをネットで売り払って食料品などを買うんだけど、どんどんお金が無くなって、ある日、麻薬販売のバイトをしている学校の不良からその「仕事」をかすめ取る。その不良はヨアンナの別のバイト(年上のセックスフレンドからもらう期限切れのコンドームを学校で安く売る)でガールフレンドを妊娠させてしまい、ヨアンナに頭にきている。ヨアンナは学校の美女の友人オードリーとレズの関係になっている。

ヨアンナは麻薬販売で儲けたお金をうつ病研究財団に寄付してしまって、怒りくるっている不良には2年がかりで彼がこうむった金銭的被害(約27万円)を償う約束をする。母親は「心を入れ替えて」近くのスーパーマーケットの販売員となり、父親も回復して会話を交わすようになる、という一応のハッピーエンドではあるんだけど。読後感は悪くないけど、日本の出版社の「児童書部門」には紹介できないなぁ。。

Jagarjusajavlaeasygoing

2014年7月17日 (木)

いろいろ(510)アイスランド旅行

夏たけなわ(25℃)のスウェ国を後にして気温10℃のアイスランドへいってまいりますです。10年ぶりくらいかな?今度は裏側にも行く予定なので(バスツアーだけど)、間欠泉なんかも見られるかも♪クジラツアーも申し込んでるけど、海が荒れると船が出ないんだって。私はどっちかというと晴れ女なんだけど、今回は雨男が同行するしなぁ。。

というわけでしばらく更新滞ります(最近は滞りっぱなしだけど)。

2014年7月11日 (金)

いろいろ(509)やっと届いた小包

周り中に「小包が消えちゃったのぉぉ」と嘆いて、ようやく諦めがついたころに、、届いたのだった。無傷で。税関に開けられた形跡もなく。

勇んで開けたけど、こんなものしか入れなかったっけ、私?ウーロン茶やほうじ茶のティーパック、削り節パック、せんべい、羊羹、海苔、つくだ煮、漬物、文庫本数冊と日本で着ていた上着2着。なんか、もっともっと素晴らしいものが入っているような気がしてたんだけど。。

それにしても航空便で5週間。。ま、とにかく、届いてよかった♪おせんべ、食べようっと♪♪

2014年7月 5日 (土)

いろいろ(508)小さな不幸が続く日々

それは日本からこちらに戻る2日前に始まったのだった。コンタクトレンズを洗っているときに流してしまった。出発の2日前だったからもう新しくつくる時間はない。眼鏡でしのいで、こちらに戻ってから注文したが夏だから3週間もかかってしまったのだった。右目だけなのに1800クローナ(2万4000円)かかった(涙)。

出発の前の日は母のお見舞いに病院に行くはずだったのに、連れてっていってくれるはずだった義妹の車が駐車場から出られなくなって(誰かがくるくる回る方式の駐車システムを壊したらしい)、大雨だったこともあって予定をキャンセルせざるを得なくなった。

出発の日、前日ホテルから宅配便で送っておいたスーツケースを空港で受け取ろうとしたらキャスターが壊れていた。5000円の「示談金」はもらったけど、ストックホルムについてから運ぶのが難儀だった。キャスターが壊れてると立っててくれないのよね、中身の入ったスーツケースって。

で、極めつけは出発2日前に航空便で送った2つの小包が消えてしまったこと。これまではSAL便で問題なくついていたんだけど、今回はお土産用の漬物とかつくだ煮とかの食料品がメインで、そのほかに文庫本だとか日本で来ていた夏服だとかを入れていた。食料品が多いから「届かなったからどうしますか」というチェック欄に「廃棄処分」を選んだのも間違いだったのだろう。誰かにあけられておせんべなんかも食べられちゃったのかなぁ(涙)。次回は受け取るのが不便でもトレースができるDHLを選ぼう。

で、失意の中、通勤途中に聞いているMP3のイヤホンが壊れたのでTeknikmagaginetで一番安いキティちゃんのイヤホンを買った。かわいくて安くて良かったんだけど最初から耳に入れる部分のカバーが緩いなと思っていた。で、案の定、数日後にカバーがなくなってしまったのだった。オーディオ専門店で安売りしていたイヤホンを買いなおした。

どれもこれも致命的な不幸ではないんだけど、これだけ不運なことが続くと不幸気分も大きくなる感じ。おはらいをしなくてはいけないかも。。

それにしても小包、悔しいな。。

2014年7月 1日 (火)

いろいろ(507)映画「うまれる」上映会のご案内

ドキュメンタリー映画「うまれる Being Born」の上映会がストックホルムで開催されます。8月下旬の話でまだ先ですが、ご関心ある方は以下の手順でお申込みください。ストックホルム日本人会会員の方は会のメールでも受け付けます。その場合は現場で現金での支払いとなります。

European premier of the film “Being Born - umareru” with the director Tomo 〈映画 “うまれる" 上映会 with 豪田トモ監督〉

すでに35万人が鑑賞され注目されている映画”うまれる”の豪田トモ監督が来瑞される機会に欧州では初めての上映会を開催します。ぜひご来場下さい。

The director of the talked-about film “Being Born - umareru” Tomo is visiting Stockholm and we arrange a showing according to below. Welcome!


----------------------
プログラム:program

・映画〈うまれる〉の上映 英語サブタイトル film “Being Born - umareru” 104 min.
・豪田トモ監督のスピーチ (英語) Speech in English by Tomo Föredrag av Tomo 25 min.
・ 映画のキーワード〈命、家族、絆〉についてのティーチイン(英語)Teach-in on life, family and relation Diskussioner om filmens nyckelord -livet, familjen och relationerna 20 min.
-----------------------

Organizers - arrangörer : Project 2018 and Japanska Föreningen i Stockholm
Under the auspices of the Embassy of Japan in Sweden, Med stöd av Japanska Ambassaden i Sverige
主催:     プロジェクト2018、ストックホルム日本人会 後援:在スウェーデン日本大使館
開催日時:   8月27日(水)19.00-21.30  (開場:18.30)
Time Tid: Wednesday, 27th of August, 2014 Onsdag 27/8/2014 19.00 - 21.30
会場 Place Plats:ABF huset (Katasalen) Sveavägen 41, Stockholm  
定員:先着順100名様 max 100 seats available  
言語 language språk: 映画は日本語で英語のサブタイトル付きです。 Filmen är på japanska med engelsk text. 
入場料 fee avgift : 50 kronor to be paid via Paypal on the site below. 下のサイトのPaypalボタンでお支払い下さい Att betalas via Paypal på http://umarerustockholm.jimdo.com/

申込方法 How to register Hur man anmäler sig: Please pay the fee on the site below. Betala gärna via Paypal på  websidan nedan. 次のサイトからペイパルでお支払い下さい。 (7月1日以降) http://umarerustockholm.jimdo.com/

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »