フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(506)「ヒ素をください」 | トップページ | いろいろ(508)小さな不幸が続く日々 »

2014年7月 1日 (火)

いろいろ(507)映画「うまれる」上映会のご案内

ドキュメンタリー映画「うまれる Being Born」の上映会がストックホルムで開催されます。8月下旬の話でまだ先ですが、ご関心ある方は以下の手順でお申込みください。ストックホルム日本人会会員の方は会のメールでも受け付けます。その場合は現場で現金での支払いとなります。

European premier of the film “Being Born - umareru” with the director Tomo 〈映画 “うまれる" 上映会 with 豪田トモ監督〉

すでに35万人が鑑賞され注目されている映画”うまれる”の豪田トモ監督が来瑞される機会に欧州では初めての上映会を開催します。ぜひご来場下さい。

The director of the talked-about film “Being Born - umareru” Tomo is visiting Stockholm and we arrange a showing according to below. Welcome!


----------------------
プログラム:program

・映画〈うまれる〉の上映 英語サブタイトル film “Being Born - umareru” 104 min.
・豪田トモ監督のスピーチ (英語) Speech in English by Tomo Föredrag av Tomo 25 min.
・ 映画のキーワード〈命、家族、絆〉についてのティーチイン(英語)Teach-in on life, family and relation Diskussioner om filmens nyckelord -livet, familjen och relationerna 20 min.
-----------------------

Organizers - arrangörer : Project 2018 and Japanska Föreningen i Stockholm
Under the auspices of the Embassy of Japan in Sweden, Med stöd av Japanska Ambassaden i Sverige
主催:     プロジェクト2018、ストックホルム日本人会 後援:在スウェーデン日本大使館
開催日時:   8月27日(水)19.00-21.30  (開場:18.30)
Time Tid: Wednesday, 27th of August, 2014 Onsdag 27/8/2014 19.00 - 21.30
会場 Place Plats:ABF huset (Katasalen) Sveavägen 41, Stockholm  
定員:先着順100名様 max 100 seats available  
言語 language språk: 映画は日本語で英語のサブタイトル付きです。 Filmen är på japanska med engelsk text. 
入場料 fee avgift : 50 kronor to be paid via Paypal on the site below. 下のサイトのPaypalボタンでお支払い下さい Att betalas via Paypal på http://umarerustockholm.jimdo.com/

申込方法 How to register Hur man anmäler sig: Please pay the fee on the site below. Betala gärna via Paypal på  websidan nedan. 次のサイトからペイパルでお支払い下さい。 (7月1日以降) http://umarerustockholm.jimdo.com/

« いろいろ(506)「ヒ素をください」 | トップページ | いろいろ(508)小さな不幸が続く日々 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

つまらないタイポを見つけてしまいましたm(_ _)m。第一行の「8が宇」は「8月」ですね。

日本語‐英語/スェーデン語という表記法は初めて見ました。解説内容の欄にある「絆」と"relation"とは少し違うような気もします。relationの方が無機質的、絆というと情感込み、のような。多分、絆の語感が日本語的で、うまく写せる語がないのかとも思いますが。

ご指摘ありがとうございました。(直したはずだったのに治ってなかった<ホント)
「絆」は多分、誰かが辞書を引いてそのまま書いたのだと思います<私が訳したのではありませぬ
あらためて考えてみると訳しにくい言葉ですね<絆
Tightened relationとか?

あ、いや、絆については、訳語選びが難しそうだな、と思っただけです。
試しに「家族の絆」でGoogle翻訳すると、絆の所をtiesで訳す案がでてきました。

ああ、Tieだとよいかもしれまんね。
(#Tightened relationだと「きつくなった関係」で、男女関係をほうふつさせるような、、?)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/59908178

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(507)映画「うまれる」上映会のご案内:

« いろいろ(506)「ヒ素をください」 | トップページ | いろいろ(508)小さな不幸が続く日々 »