フォト
無料ブログはココログ

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

いろいろ(506)「ヒ素をください」

クララ・クランツ(Klara Krantz)「ヒ素をください」(Ge mig arsenik)を読んだ。主人公のエリザベス(Elisabeth)は9年生で、もうすぐ学校を卒業する。8年生のときに長年の親友カトリーナ(Katrina)に裏切られた(カトリーナはカミッラと仲良くなり、二人でエリザベスをいじめるようになった)彼女は、学校が楽しくなく、夜な夜なストックホルムの街を徘徊するせいもあって朝起きられずに授業をさぼるようになる。エリザベスは元々書くことが好きでずっと日記をつけていた。けれどカトリーナとの毎日を綴った前の日記帳を続けることはできず、新しい日記帳を買いに出かけた。文房具屋で目に入ったのは豹の絵がつたベルベットの高級ノート。エリザベスは無意識のうちにそれを万引きする。

 エルサ(Elsa)と名を(勝手に)変えた彼女は「物書きの天才物語」を綴る。彼女の両親は離婚したばかりで、彼女は母と一緒に暮らしていた。2年生の妹サラ(Sara)は父親のところにいることが多い。母は国際援助機関の仕事に忙しく、家にほとんどいないのでエルサが学校をさぼっていることに気づかない。

若い(30歳ということが最後に明かされるがもっと若く見えるようだ)金髪の担任教師(スウェーデン語と性教育などを担当)アンデシュ(Anders)はゴーイング・マイウェイのエリザベスを気にかける。夜、街をさまよっているうちに人気歌手ホーカン・ヘルストレーム(Håkan Hellström)の歌を聴いて、気に入ったエルサは彼の歌の歌詞「俺にヒ素をくれ」が気に入り、大音響で聞きながら日記をつける。アンデシュはエルサがヘルストレームが好きなことを知って、自分の友達が昔ヘルストレームと一緒にバンドをやっていたのでCDや写真を貸してくれる。

日記の「天才物語」の中で、父母の離婚の経緯や、カトリーナとの決別に関する背景が明らかになっていく。カトリーナは早熟の美少女で、煙草や酒を試したり、男の子に関心を持ったりしていた。インターネットで知り合った男のことのSexについてエルサに話そうとしたときにエルサが気持ち悪がったのが決別のきっかけだった。

ある日、エルサはもう、気持ちがいっぱいいっぱいになって、昔住んでいた南スウェーデンの島、エーランド島に向かってバスに乗る。エーランドでは昔の友達マリアのおかあさんに見つけられ、彼女達の家に招かれ一夜を過ごす。そこで「なにもかもママのせいだ」と叫ぶエルサに向かって、マリアのおかあさんは「エーランドからストックホルムへの引っ越しを決めたのはあなたのパパの方だ」と明かす。

ストックホルムに戻ったエルサは卒業式に参加する。新しい友達リーサ(Lisa)と電話番号を交わし、ちょっと反省した母とケーキを食べ、園芸ができる新しい家を見つけたと喜ぶ父に興味を示す。担任のアンデシュとも今後ヘルストレームの友人の写真の貸し借りで連絡が続くことが暗示される。そして豹の表紙のノートはほとんどページが残っていないので、天才物語の終わりも暗示される。

2013年の傾向の「孤独と疎外感」を、ティーンエージャーの女の子の視点でめいっぱい表現した小説。離婚といじめはティーンエージャーの小説ではデフォルトになっている感じも。

Gemigarsenikomslag_2

2014年6月16日 (月)

いろいろ(505)「ヤッゲルヤッゲル」&「死のアホタレ」

フリーダ・ニルソン(Frida Nilsson)の「ヤッゲルヤッゲル」(Jagger Jagger)とホーカン・イエンソン(Håkan Jaensson)の「死のアホタレ」(Dödsknäpp)を読んだ。

「ヤッゲル~」の主人公は団地でいじめられるベングトという男の子。小学校低学年で、もっさりしていて、団地の同いのアストリッドと二人の男子子分の三人組にいじめられ続ける。ドアの郵便受けにコーンフレークスを投げ込まれたり、自転車のサドルを泥だらけにされたり、買ってもらったばかりのサッカーボールを川に投げ込まれたり。

ある日、ベングトはゴミを置いておく部屋に閉じ込められてしまう。叫んでも誰も助けに来てくれなかったのだが、ゴミ拾いに来ていたホームレス・ドッグのヤッゲルに助けられる。ヤッゲルはホームレスで近くのコンテナに住んでいる。ベングトはヤッゲルと一緒に三人組に復讐を図る。最後にはベングトにも人間の友達ができて、ヤッゲルはどこかへ居なくなってしまう。いじめと友情の物語。

Jaggerjaggeromslag

「死の~」の主人公はトッテ。小学校中学年くらい。パパは地方新聞の記者、ママは市の福祉事務局の職員で忙しい。トッテは学校では可もなく不可もなくだったが、ウチでぼんやりとTVを見るのが常。お気に入りはTVドクター番組で、ある日、ドクターはトッテを画面から指差して「あんたの命はあと2週間」と宣言する。トッテは巻き尺を買ってきて一日10cmずつ切り取りながら「その時」を待つ。死を待っている間にスポーツ大会で優勝したり、クラスの中でいじめられている子どもを助けたりする。最後の日にトッテは電車で1時間くらいのところに住むおばあちゃんに会いに行き、そこで連れていかれた保健所の医師に診てもらって、死なないということがわかる。子どもの思い込みとか、ちょっと勘違いの父母の対応とか、煙草のみのおばあちゃんとか、コメディ映画を観ているようでおもしろかった。

Dodsknappomslag

しばらく日本の本読む暇ないな。。本当は日本に行く前に全部読み切る予定だったのにあと1冊半のこっちゃってる。。

2014年6月15日 (日)

いろいろ(504)「一秒ずつ」&「第四帝国」

ソフィア・ノルディン(Sofia Nordin)「一秒ずつ」(En sekund i taget)とマリア・ニーグレン(Maria Nygren)「第四帝国」(Fjärde riket)を読んだ。

「一秒ずつ」は、周りの人間全部が突然高熱で死んでしまって、一人生き残ったヘドヴィグ(Hedvig)が恐怖と闘いながらサバイバルする物語。動物は生きていて、ある農場にたどり着いたヘドヴィグはそこで牛や馬、鶏の世話をしながら生きていく。ある日、エッラ(Ella)という同年代の女の子がやってきて一緒に暮らすようになる。ゆっくりと冬に向かう中、二人は生き残りを捜し、山の中で三人目の同年ぢあの男の子に出会うところでお終い。恐怖の感情をなぞっていくのがスリリング。

Ensekunditagetomslag

「第四帝国」は両親が離婚してしまったため、母親と一緒に引っ越して転校してきた9年生のブレンダ(Blenda)が新しいクラスの中の女王様にいじめられる中、彼女を見返すためにヒットラーの手腕を学習して、学校を乗っ取る話。そんなにうまくいくかな、という疑惑もあるけど、女の子たちの心理描写は上手い。

Fjarderiketomslag

スーツケースのキャスターは取れちゃうし、コンタクトレンズは流しちゃうし、旅の最後は散々だった上に、帰宅後は忙しくて疲れがたまってしまったけど、ようやく回復基調。いろいろ片づけねば。。

2014年6月 5日 (木)

いろいろ(503)スリリングなパッキング

2週間の日本滞在もあと2日(実質1日)。荷物運びの負担を減らすために空港までの宅配を頼んだので前日までに荷造りを終えていないといけないため、荷造り開始。預けるのは一番大きいスースケース一つなんだけど、20㎏という制限もあるので(航空会社の制限は23㎏)カンで詰めていって、もう一つの小さな方に明日残りを詰め込む予定。でも目分量だと中身が鞄の容積の2倍くらいあるような。。荷物ってどうして増えるんだろ??ま、最終的には気合で勝負。

日本では行方不明の認知症高齢者の問題とか、自分の息子を7年以上放置していて白骨化させていたという父親が逮捕されたとか、7歳の女の子を殺した犯人が8年後に逮捕されたとか、なんか社会がヘン。

真夏の暑さだったのが今日から梅雨入りということで大雨振ってるし。ま、もう鞄に余裕がないから買い物に走るはずだった最終日は映画でも見ようかと。仕事の宿題ももらったし、良い訪問だったのかな。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »