フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(499)「湖のアニー」 | トップページ | いろいろ(501)「紐と鳥と私」 »

2014年5月23日 (金)

いろいろ(500)「まんなかのミッチ」

モーテン・サンデーンの「まんなかのミッチ」(Mitzi i Mitten)を読んだ。ヒッピーのようなギター弾きの父、売れない画家の母がある日大喧嘩をして父がバルコニーで寝泊まりするようになる。ミッチは父親に食べ物を運んだりするがとても心配。近くに住む祖父(父の父)はミッチとチェスをする仲なのだが、ミッチが「引き分け」を覚え、「パパとママも引き分けになればいい」と言ったことから、策を講じて仲直りをさせる。

これもまた絵があまりかわゆくない。両親が自分のことばかりにかまけていて、子どもが心を痛めるというのがテーマかな。ミッチの本はシリーズになっているみたいなんだけど、それほど素晴らしいっていう出来ではないような気がするな。祖父はちょっと魅力的だけど。ダメな親のダメさ加減の描写があまりちゃんとできてないからじゃないかな。

子どもの本について日本で話す予定で、忙しさの中、ちょっとずつ読んでるんだけど、読み残しの分はヒコーキの中に賭けるしかない。でもこういう時に限ってバクスイしたりするんだよなぁ。。

Mitziimittenomslag

« いろいろ(499)「湖のアニー」 | トップページ | いろいろ(501)「紐と鳥と私」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/59689226

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(500)「まんなかのミッチ」:

« いろいろ(499)「湖のアニー」 | トップページ | いろいろ(501)「紐と鳥と私」 »