フォト
無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月26日 (水)

いろいろ(482)アマゾンで漫画などを注文

アマゾンで漫画などを注文した。前回はかかった手数料とか輸入税が今回はナシだった。前回とほとんど同じ金額だと思うのに。重さが軽かったからかな?ま、かからない分にはあまり問題としないことにして。

DHLで配送されるんだけど、昔は朝一番に配達していたのが最近は家にいない時間(12時20分だぜぃ)に来るから、わざわざDHLの倉庫まで取りに行った。めんどくさい。。

Amazon1

2014年2月23日 (日)

いろいろ(481)「おはなしのくすり箱」

コルネリア・ニッチェ著「おはなしのくすり箱」(平野卿子訳)を読んだ。子育て中に子どもの遭遇するいろいろな「問題」(怖がり、だとか、いじめっ子がいるから学校に行きたくない、とか)に対して、動物の寓話をお話として聞かせることによって、彼らの心の問題を解決しようとするもの。

「物語」の後についている児童心理学的な解説に最初はかなり違和感を抱いたけれど、読み進むうちに、まあ、こういうのもアリかな、と思うようになった。作者は4人の子持ちの心理学者だそうです。

そろそろ春の雰囲気。オリムピックも終わるし、春仕様でがむばらないと。

2014年2月18日 (火)

いろいろ(480)祝500匹ゲット

197時間をかけて、ドラクエ・モンスターズ(テリーのワンダーランド3D)でモンスターを500匹仲間にした(正確には500種類ですね。同じ種類で何匹ももってたりするから)。じーん(感動している)。WiFi対戦なしに独りだけでコツコツと捕まえていったのだった(一部は配合でも作れる)。もう飽き飽きしてるんだけど、ま、500集めるまで続けてみようと思ったのだった。
#インターネットに載ってた「モンスター配合表」の助けなしには到底無理でしたね。

ここでやめておくか、後二枚「ちいさなメダル」を集めて「はぐれメタルキング」をもらって501で打ち止めにするか思案中。

それにしても、この忍耐力&時間をもっと生産的なことに使っていたら。。ま、でも、こーゆーのもアリで宜しいかと。

Doraque2_2

Doraque2_1

Doraque3

2014年2月11日 (火)

いろいろ(479)「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」&「KIDNAP TOUR」

江國香織「泳ぐのに、安全でも適切でもありません」と角田光代「KIDNAP TOUR」を読んだ。江國香織の本のタイトルは大抵長くてヘンなんだけど、この短編小説集もヘンね。アメリカのホテルに泊まった時に近くの海岸でそういう警告の看板が出ていたそうで、それに触発されて短編小説を書いたという。

で、短編集なんだけど、確かにそれぞれ綺麗で洒落た描写の短編で良いんだけど、あまりにも切れ端といった感じ。オチがないのは仕方がないとしても読者に不親切だと思う。

「KIDNAP TOUR」は、別居したばかりの父親に「ユーカイされる」小学5年生の女の子の話。女の子は父親のいつもの冗談だと思って喜んでついていく。旅を続けるうちに父親はどんどんお金が無くなっていき、父娘はどんどん薄汚れていく。最後は父と母の話し合いがついたようで(流浪の旅の間、父は母と電話で交渉をしているようなのだ)、女の子は母のもとに帰る。

なんかもうちょっとドカンとしたスリリングな本を読みたいなぁ。

2014年2月10日 (月)

いろいろ(478)ダイエット飲料と水中体操とオリムピック

本気で体重を減らすことを考えねばいかん、と決意し、ダイエット飲料を購入し、同時に水中体操のコースに申し込んだ。ダイエット飲料は通常の食事をパウダーを水に溶かして置き換えるというもので以前にも何度がトライしたけど、味に飽きていつも挫折していたもの。少々カロリーは高くなるけど、脂肪分の多い=3%=牛乳(赤いパッケージね)に混ぜると、まあまあの味になることを発見したので、今のところ継続中。1日に1回、たいていは朝食を置き換えるのが簡単なんだけど、本来は夕食を置き換えた方が効果は大きい<わかっててもやらない<継続に重点を置く戦略
今のところ急激な体重減少は見られていないけれど、増えていないから、良しとする。

水中体操(Vattengympa)は、毎週1回(45分)、20回で2000クローナ。一番やさしいコースを選択したので、一緒に体操する仲間はかなり高齢のおばーさんばかり。常連らしくて彼女たちの方が上手かったりする。。ウチから歩いて10分弱の専用プールで行うんだけど、行きは10分でも帰りはヘロヘロになっているので2倍の時間がかかる。毎週月曜日の朝なんだけど、月曜日の残りの時間は家で瀕死状態。

オリムピックが始まり、フィギュアスケート団体戦をTVで観戦。フィギュアスケートの人気が高まってきているのでスウェ国でも放映があるのは嬉しい。日本はペア競技部門が弱いから団体戦は最初から好成績は収められないだろうな、と思ったけどその通りの結果になってしまった。日本の選手には「勢い」が不足しているような気がする。「できるかなぁ?」と自分自身が不安になってしまっているような感じ?イタリアの女子シングルの選手なんか技術はそれほどでもなかったのにパワーで押し切って高得点を挙げたし。ま、羽生君に期待ですね。

さー、ヘロヘロになるためにお出かけ準備。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »