フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(474)暖冬の方がよかったのか | トップページ | いろいろ(476)「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」 »

2014年1月25日 (土)

いろいろ(475)現金イヂメ

今年になって初めて、本日、メインバンクで自分の口座からお金を引き出そうとしたら、引き出しの限度額が5000クローナ(約7万5000円)になっていた。去年までは10000クローナだったのに。その前は15000クローナ、そのその前は20000クローナだったのにのにのに。

自分の口座からの引き出しだっつーに、なんでそんな制限をかけるのだっ!と憤りたくなるが、これはひとえに銀行の窓口が現金の取り扱いを忌み嫌うからなのだ。私が口座を持っている別の銀行では現金の取り扱いができるところはストックホルム市内で、2か所しかないのよぉぉ(半日かけて移動する郊外にはもう数か所あるかも)。

キャッシュレス社会だといってもまだ現金を持っていないと不安じゃない?妙齢の人々は。若者は、もう完全にカード人間になってたりするけど。

で、銀行は、現金はATMでおろせばいいでしょ、なんていう態度なんだけど、ATMだってよく壊れてたり、田舎ではなかなかなかったりするじゃない?ったく、なんという暮らしにくい世の中になったのだ。。

« いろいろ(474)暖冬の方がよかったのか | トップページ | いろいろ(476)「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

カード社会が居づらいTon-Tonです \(^o^;)ノシ。

いろいろなカードがあることは理解しつつも、いつでも手持ち資金の総額を把握していたいと思うと、支払うときだけ便利すぎるというカードも使いづらい。

スマートフォンで手持ち資金の総額をいつでも確認できるようになったとしても、今度はその金額を(ネット上で)盗み見されるのが怖い ・・ 考え出すと結構切りがない ・・ 

カードの便利さってどうも中途半端な気がする。 (^O^;;;)

先日、水泳教室の料金をネットでカードで支払おうとしたら、認証システムが厳しくなっていて、カードの暗証番号を入力せよ、って出てきて、カードを使うときの4桁のコードは覚えているけれど、カードを作った時の暗証番号なんか覚えてなくて、暗証番号を忘れたから再発行して、という手続きをしようとしたらなぜかそこまでたどり着けなくて途中で挫折して、結局、郵便での払込みにした、という出来事がありました。カードも便利じゃないっす。

結局カードの使いにくさって、機械から見ると、今カードを使っている人が誰かは工夫しない限り解らない、という事情が関係してくるのではないかと思います。こういう弱点があると、お金がある所悪知恵あり、というか、そこまでやるか、という落とし穴が出来ていたりして、便利さを削ぐことになる・・; ・・; ・・; 銀行のウェッブそっくりのサイトを見せて暗証番号を聞き出そうなどと考える輩が出てきたりもしているようです。

そうなると、システムが出来ることはたくさんあっても自分の付き合い方は自分が決める、という、平凡な結論になるのでしょう。 (^^;)

カードに擬人化された私が私である証明、っていうのは結構面倒くさいかも。ずっと前に読んだ本で自然界にある右と左を規定するのは結局電子(の回り方?)だ、という記述があったような気がするけど、私が私であることも電子まで見てもらわないと証明できないのかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/59004152

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(475)現金イヂメ:

« いろいろ(474)暖冬の方がよかったのか | トップページ | いろいろ(476)「ジョン・ウェインはなぜ死んだか」 »