フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(470)PPT用デザイン | トップページ | いろいろ(472)「真昼なのに昏い部屋」 »

2014年1月 6日 (月)

いろいろ(471)「七夜物語」

川上弘美「七夜物語」(上・下)を読んだ。4年生の女の子(さよ)と男の子(仄田君)が、夢の世界、夜のワンダーランドに冒険に出かけ、世界を救う話。ちょっとアリスの国にも似て。夜毎の冒険の世界は、それぞれ独立しているんだけど、現実の世界=二人が属す4年3組=や、二人のそれぞれの家庭環境にも影響していて。(弱虫の)自分自身と闘ったり、モノをないがしろにするイキモノの代表にされて、イキモノの責任を負わされたりもして。

舞台は1950年代なので、オトナでなくては背景がわからないだろうけれど、児童書の体裁の本で、国際図書館では児童書部門に分類されてた。挿絵が幼児っぽくて4年生に見えないのが実に残念。新聞連載時に誰も注意しなかったんでしょうかね?

ま、川上作品のきれいな文章を読むのはステキでした。

« いろいろ(470)PPT用デザイン | トップページ | いろいろ(472)「真昼なのに昏い部屋」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/58892619

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(471)「七夜物語」:

« いろいろ(470)PPT用デザイン | トップページ | いろいろ(472)「真昼なのに昏い部屋」 »