フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(403)「みぞれ」&ヨーテボリ | トップページ | いろいろ(405)ロボット・ファッションショー »

2013年4月22日 (月)

いろいろ(404)「背の眼」&「骸の爪」

道夫秀介「背の眼」と「骸の爪」を読んだ。「背の眼」は文学賞をとった彼のヒット作だそうだけれど、冗長。薀蓄を傾けすぎの名探偵も鼻に付いて。作者自身が狂言回し訳で登場するのもなんだかなぁ、、という感じ。「骸の爪」は同じ主人公達が登場して謎を解く次作。こちらの方がずっと読みやすい。仏師が次々といなくなって=殺されて=犯人は一番意外な人。仕掛けが最後の方で次々と明らかになるのだけど、ちょっとそこまで引っ張らなくても、、と思うのは前作と同じ。

道夫秀介は図書館で「見つけた」作家だけど、基本、ホラーですね。でもって多分私はホラーがあまり好きじゃないんだと思う。謎解きは興味あるけど、別におどろおどろしくしなくたっていいんじゃない?というスタンス。ま、力ある作家だと思うけど。

今週は土曜まで仕事その他が目白押しの怒涛の1週間。生き延びなくては。。白樺の葉が開き始めている恐怖の春だけど。

« いろいろ(403)「みぞれ」&ヨーテボリ | トップページ | いろいろ(405)ロボット・ファッションショー »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/57224810

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(404)「背の眼」&「骸の爪」:

« いろいろ(403)「みぞれ」&ヨーテボリ | トップページ | いろいろ(405)ロボット・ファッションショー »