フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(384)「白夜の森」 | トップページ | いろいろ(386)「雪冤」 »

2013年2月13日 (水)

いろいろ(385)「風に舞いあがるビニールシート」

森絵都「風に舞いあがるビニールシート」を読んだ。短編集で、直木賞をとった表題の作品は最後にあったけど、私は他の作品(「器を探して」「犬の散歩」「守護神」「鐘の音」「ジェネレーションX」)の方が好みだった。仏像修復師とか、捨て犬を助けるボランティアとか、UNHCRとか多方面の世界が舞台になっていて、どれもちゃんと取材して書いてあってすごいなと思った。

「風に舞いあがるビニールシート」はUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)で働く里桂が、元上司で夫であったエドのアフガンでの死に動揺し、やがてそれを乗り越える物語。さだまさしの「風に向かうライオン」の歌も彷彿として。

森絵都はこれまで読んだことのない作家だったけど、かなり「買い」かもしれない♪彼女も江国香織と同じく児童文学出身のようですね。国際図書館にもう一冊くらい入っていたように思うので、これを返したら借りようっと♪

(次の振込みまで)あと一週間ビンボー生活が続くんだけど、財布の中の現金2500クローナ(約3万円)でしのげるかな?

« いろいろ(384)「白夜の森」 | トップページ | いろいろ(386)「雪冤」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~。

当地、0時55分。年度末が近付いてきて、先送りにしてきた税務上の〆(別名、年貢の納め時(^^;))をそろそろ片付ける時期になってきています。

作文の方も終わりに近い・・とはいってもこれは過去を納得ゆくようにまとめたという話なので、まとまってみれば、始まりではあっても結果ではない。でも在職中に思いめぐらしていたことの全貌が確認できたからいいとしよう。結果はこれから・・;

珍しい時間に書き込みが?とちょっとびっくりしました。年貢時期だったのですね~。
「君の行く道は果てしなく遠い。だのになぜ歯を食いしばり君は行くのか当てもないのに。君の行く道は希望へと続く。空にまた日が昇るとき、若者はまた歩き始める」<応援歌でございます~。

(^-^; 。。実は昨日は某所に第二の巣穴をほっていました。まだ肩慣らしの段階で、営業はスタートしていませんが。

それにしても、小惑星の通過は明日16日と思っていたら、気の早い奴がウラル地方に飛び込んだというニュースがありました。ヘルシンギンサノマトのWebページには負傷者950名という数字がありましたが、自然災害って思わぬところに転がっているのが怖いですね。

おー、狸さんから豚さんに変身したのですね♪
小惑星に引き寄せられたカケラ(といっても直径10mとか?)が落ちた、という説もあるようですが、なんかすごいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/56755970

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(385)「風に舞いあがるビニールシート」:

« いろいろ(384)「白夜の森」 | トップページ | いろいろ(386)「雪冤」 »