フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(382)「号泣する準備はできていた」 | トップページ | いろいろ(384)「白夜の森」 »

2013年2月10日 (日)

いろいろ(383)「間宮兄弟」

江國香織「間宮兄弟」を読んだ。極北探検でもするまじめな話かと思ったら、ダメ兄弟の話で、とても面白かった。主人公は中年のオタク兄弟。マンションに一緒に住んでいて夏休みやお正月には静岡に住んでいる母と祖母のところへいく。女性にもてない兄弟はカレーパーティーや花火大会を開催して貸しビデオ屋のアルバイトの女の子や、弟が校務員として勤める小学校の女教師を招いたりする。

中年のムクツケキ兄弟が一緒に暮らす様子がとても面白い。読書日を作るとか、一緒にジグソーパズルを並べるとか、ビデオを見るとか。

端境期で待機中の感じ。それはそれでよいのかもしれない。オカネはないし、雪は降るし。

« いろいろ(382)「号泣する準備はできていた」 | トップページ | いろいろ(384)「白夜の森」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

そういえば、街路樹に蕾がいっぱい出てきていますね。( ^ω^)おっおっおっ

木によっては、蕾の代わりに小さな葉の元で覆われて、萌黄色の斑点で覆われていたりする。鳥たちはもう活発に動き始めているので、蕾をつついて大騒ぎしている所を見かけたりもする。そのうち花が開き、それが落ちると新緑の季節になり、初夏になる。

まだまだ寒いけれど、季節は確実に春に向かっているようです。

こちらは三寒四温というか、1週間ごとに寒くなったり暖かくなったりする感じですが、ちょっとあったかくなると朝、小鳥の声が聞こえます(寒くなるとどこかに潜むのかな?)。
今年は関東の桜の開花が早いそうで、日本に着くころにちょうど満開かも♪あと2ヵ月弱ですわん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/56732698

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(383)「間宮兄弟」:

« いろいろ(382)「号泣する準備はできていた」 | トップページ | いろいろ(384)「白夜の森」 »