フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(337)「セレンディピティと近代医学」 | トップページ | いろいろ(339)「謎解きはディナーのあとで」 »

2012年9月30日 (日)

いろいろ(338)「県庁おもてなし課」

有川浩「県庁おもてなし課」を読んだ。(有川浩って男性だとずっと思っていたのに女性だったのね。。)実在する高知県の観光振興部「おもてなし課」を舞台に、観光素材溢れる高知県、売り出し方を良く知らない高知県人、新しいことを受け入れられないお役人感覚、などを県庁のお役人を主人公に綴っていく物語。有川さん自身が「観光特使」を頼まれたのにその後なんの音沙汰も無いのに呆れた経験から始まったのだとか。それにしてもお役人精神批判満載なのに、こんな小説(もともとは高知新聞の連載だったとか)の出版OKするなんていうのもちょっと面白いですね<高知県

高知県は西原理恵子とか宮尾登美子の出身県でなんとなく関心はあるんだけど、なかなか行きにくいところですね。ま、四国全体がそんな感じではあるのだけど。次回旅行計画に組み込んでみようかしら?なんて金欠病状態なのに思ったりして。

« いろいろ(337)「セレンディピティと近代医学」 | トップページ | いろいろ(339)「謎解きはディナーのあとで」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

ウチと違って長いちゃんとした感想文ですね~。
トラックバックってやったことが無いので後でやり方をチェックしてみます。

やってみました。できたかな?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/55781562

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(338)「県庁おもてなし課」:

« いろいろ(337)「セレンディピティと近代医学」 | トップページ | いろいろ(339)「謎解きはディナーのあとで」 »