フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(305)「ミラクル」&「神々の乱心」 | トップページ | いろいろ(307)「風の墓碑銘」&「ジェノサイド」 »

2012年6月 9日 (土)

いろいろ(306)「幻覚」&「100万回の言い訳」

渡辺淳一「幻覚」と唯川恵「100万回の言い訳」を読んだ。「幻覚」は美人の精神科医があるタイプの患者だけ過剰に薬漬けにして廃人にしてしまうのを不思議に思う男性看護師(美人医と性的関係もあり)の疑問をゆっくりと解いていくミステリー。内容がちょっと「薄い」感じ。父親との関係がカギなんだろうな、と早いうちから予想がついちゃうし。

「100万回の~」は唯川作品の例に漏れず、少ない登場人物が絡み合ってそれぞれ平行して話が進んでいくつくり。不倫のオンパレードなんだけど、清純な脇役もしっかり存在感があり、最後はなんとなくハッピーエンドで面白かった。すごい悪役で登場する伊島という金持ちのプレイボーイがものすごく魅力的に描かれていて、ちょっとくどかれてみたいと思ったりして。

「100万回の~」にちょっと出てきた沖縄に行ったのは随分前。もう一度行ってみたいな。

« いろいろ(305)「ミラクル」&「神々の乱心」 | トップページ | いろいろ(307)「風の墓碑銘」&「ジェノサイド」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/54915434

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(306)「幻覚」&「100万回の言い訳」:

« いろいろ(305)「ミラクル」&「神々の乱心」 | トップページ | いろいろ(307)「風の墓碑銘」&「ジェノサイド」 »