フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(264)「ねむり」と「きれぎれ」 | トップページ | いろいろ(266)「怪人エルキュールの数奇な愛の物語」 »

2012年3月14日 (水)

いろいろ(265)「走ることについて語るときに僕の語ること」と「ベーコン」

村上春樹「走ることについて語るときに僕の語ること」と井上荒野「ベーコン」を読んだ。「走る~」は走ることと小説を書くことについてのエッセイ。どっちも同じようなものなのだとか。要はストイックなのね?と片付けてはいけないのだろうけれど。

井上荒野の作品は多分初めて読むのだと思う。結構読みやすかった。ちょっとゆがんだ愛情関係と関連する食べ物の話。食べ物に何かの感情を代弁させようというのはわりといろんな作家がやってる方法でそれなりに成功はすると思うのだけど、ちょっと禁じ手っぽい気もしないではないな。食べたことの無い人には想像の範囲が狭まるだろうし。

喉がまだちょっと痛いのでアイスキャンデーの類をいっぱい買ってきた。一番安っぽいコーラ味がよく効く気がする。自身がアストマで苦労している美容師は、ひどい咳にはモルヒネ入りの咳止めが良い、と薦めてくれたけど、アイスキャンデーで済むのならこっちの方が無難なような気がする。。

« いろいろ(264)「ねむり」と「きれぎれ」 | トップページ | いろいろ(266)「怪人エルキュールの数奇な愛の物語」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/54216731

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(265)「走ることについて語るときに僕の語ること」と「ベーコン」:

« いろいろ(264)「ねむり」と「きれぎれ」 | トップページ | いろいろ(266)「怪人エルキュールの数奇な愛の物語」 »