フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(251)「とんび」と「にぎやかな天地」 | トップページ | いろいろ(253)「三十光年の星たち」 »

2012年2月20日 (月)

いろいろ(252)時差ぼけ1週間

今回は日本に着いても日本から戻っても時差ぼけがひどかった。たいていはほとんど1日で転換するのに、1週間もかかってしまった。行く前から&帰った後でもずっと風邪気味だったからかもしれないけど。特に一昨日&昨日はもう起きているときはゾンビのように徘徊し、あとはずっと布団の中ですごして一歩も外に出なかった。おかげでようやく体内時間が転換したようだけど。

日本でMP3を落としてしまった。多分電車の中で降りようとするときにバッグの中からポロっとこぼれたのだと思う。でも、なんとお財布を落とす事件もあったので(スーパーで買い物をしようとして支払いのときにお財布が無くて真っ青になり、そうだランチのトンカツやさんだ!と気づいて走って戻ったらレジの奥にキープしてくれていた。支払った後で手前のベンチに財布とバッグを置いてコートを着たときにバッグだけ持って出たらしい。次のお客さんに感謝)MP3ぐらいなにさ、という気分でこっちに戻ってきてからすぐ安くて可愛いのを買い、昨日ようやくCD何枚かを入れた。

日本で買った漬物類はもう全部食べてしまった。佃煮はまだかなり持つと思う。食べるラー油は一瓶食べてしまって、残り後一つ。もっとたくさんいろいろ食料品を買ってくればよかったなぁ、と思うけれど、スーパーの棚ではあまり食指が動かなかったんですよねぇ。。日程の最後になってしまったデパートの食料品売り場に最初から行っていれば、、とちょっと悔しいけど。ま、その分、出費も少なくすんだということで。

日本滞在中の伝票のコピー取り(レジの領収書は感熱紙なので「証拠」が消えてしまうんですよね)とか、約束した原稿送付とか、今週もまだ少し事後処理が残っているとはいえ、本日からスウェーデン仕様のライフを送らねば。

« いろいろ(251)「とんび」と「にぎやかな天地」 | トップページ | いろいろ(253)「三十光年の星たち」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

レジの領収書って、後から読むと、何買ったんだっけ、と思う事ありませんか?

日々の買い物の記録をつけようと思って読み直すと、妙に詩的な商品名がある。記録をつけるには、それが食品なのか、食品なら野菜、肉、乳製品、調味料、・・・か、と分類しないと書けないのだけれど、何だっけ・・?

考えた末、もう捨ててしまったパッケージを見て、漬物と判明する・・ みたいな。

冗談抜きに、もし、携帯に一日のレシートを全部詰めて一日の終わりに家でPCの家計簿に一挙入力できれば、買い物の記録をつけるのもだいぶ楽になるはずなのだけれど、人が読んでも解らないと機械では当然無理だよな、と思うという・・;

私は毎日家計簿をつけてましてよ(エッヘンもーど)。でも買ってすぐ直後の家計簿記入のときにもトイレットペーパー買ったはずなのに、、と思って薄い印字を探すと商品名で記入されてたり、っていうのは良くありますね。
食品のなかをそんなに細部に記入するんですか??昔、連れ合い(スウェ人)に日用品にいくら使ったか記録してよ、と言ったら、スーパーの袋代を「食品」に含めるので言い争いをした覚えがあります。食品をまとめて買った際の付随コストなのだから、袋は食品であるというのが彼の主張でした。その後、勝手に別会計で家計簿は私一人でつけている(彼は勝手に大きな請求書支払いを担当)ので袋(ひとつ約20円~50円)は私の判断どおり「住居費」に含まれています(考えてみるとヘンな分類)。

退職したときにさすがにこれからの収支が気になって、ちょうどPCに家計簿ソフトが載っていたので試しに使っています。このソフトは費目を大・中・小項目に分けていて、食費は中項目にあります。その内訳(小分類)が、主食、肉・魚、卵・乳製品、野菜・果物、調味料、加工品、嗜好品、外食になっているので、そのまま踏襲しています。

レジ袋(普通5円、場所により3円)をどうするか、は、ちょっと迷いましたが、家庭消耗品(中項目は家財・住居)あたりに登録するために中項目を切り替えるのも煩雑なので、食費に項目を作って入れています。

ややこしいのは、同じ店で家庭消耗品を買ったりする場合で、さすがに中項目を切り替えます。そうすると、中項目単位で出てくる集計が、中項目を跨いで集計されているレシートと合わないので、PCの画面で電卓を呼び出して検算することになる・・ なんの話だ(^o^;)

うわあ、細かいですねぇ。。<小分類。どれに分類してよいか分からないものが多々あるような気がしますが。
昔、義母が1960年代くらいにつけていた家計簿を見せてもらったことがあります。固いパン(クネッケタイプ)と柔らかいパンが別項目でした。柔らかいパンはぜいたく品だったのだな、と思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/54031412

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(252)時差ぼけ1週間:

« いろいろ(251)「とんび」と「にぎやかな天地」 | トップページ | いろいろ(253)「三十光年の星たち」 »