フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(224)羊の脚と「深重の橋」 | トップページ | いろいろ(226)「薄紫のウィークエンド」と「天使は神にあらず」 »

2012年1月 1日 (日)

いろいろ(225)「ホーキング、宇宙のすべてを語る」

2011年の読書の最後は、スティーヴン・ホーキング&レナード・ムロディナウ「ホーキング、宇宙のすべてを語る」。膨張する宇宙と不確実性が確実な量子重力論、時空間が曲がっていて、時間は絶対のものではない、などなど、とても面白かった。

数ヵ月前には光より早い粒子が発見され(?)アインシュタインの相対性理論が正しくないと証明されかかっている、というニュースも見たし。宇宙とか原子とか、理論の数式はまったく理解不能だとしても、なんかわくわくするじゃない?未来にはいけるけれど、過去にはいけない、という「時間」の説明も宇宙ロケットの地球への帰還を考えればああ、そうかと想像がつくし。空間が曲がっている、っていうのも飛行機が地球上空を飛ぶ、というのを考えれば、ああ、そうね、と思えるし。

でもまあ、宇宙というのはわからないから.面白いのかも?「宇宙はなぜこうなっているのか?それは私がここにいるからだ」という「人間論」というのまであるのだそうで。

2011年もあと4時間あまりで終わり。公私にわたって激震の年だったけれど最後の日々はかなり穏やか。2012年が良い年となりますように。

« いろいろ(224)羊の脚と「深重の橋」 | トップページ | いろいろ(226)「薄紫のウィークエンド」と「天使は神にあらず」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

あけまして・・ 当地、今は新年の朝8時45分。

昨年はとんでもない還暦だったけれど、もろもろを置いてきてしまって、
今年はいい年になりますように、と祈りたい気分でいっぱいです。

量子重力論ですか、とても難しい(理論および実証の双方とも)話ですね。
信楽さんなど、読むたびに、今自分は宇宙の中から見ているのか、宇宙を
外から見ているのか解らなくなるという。

・・化かされた狸^^;・・

新年おめでとうございます。良い年になりますように。
光が波でありツブである、ときいた頃からちょっと分からなくなってきたような気がします。今は紐が絡まってて、その展開が無限にあるとか。。ちっちゃな狸がダンスして宇宙を形成しているのかも。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/53622836

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(225)「ホーキング、宇宙のすべてを語る」:

« いろいろ(224)羊の脚と「深重の橋」 | トップページ | いろいろ(226)「薄紫のウィークエンド」と「天使は神にあらず」 »