フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(212)糸こんにゃくに期待 | トップページ | いろいろ(214)大腸菌の色 »

2011年12月 3日 (土)

いろいろ(213)「1969」

Pink Martini & Saori Yuki「1969」を聴いた。日本の新聞で由紀さおりの日本語CDが外国で大人気、という記事を読んだのでゲットしたもの。輸入版だけどこからの輸入なのか不明。

収録曲は、夕月、真夜中のボサノバ、さらば夏の日、パフ、いいじゃないの幸せならば、ブルー・ライト・ヨコハマ、夜明けのスキャット、マシュ・ケ・ナダ、イズ・ザット・オール・ゼア・イズ?、私もあなたと泣いていい?、わすれたいのに、季節の足音。

1969年の歌のカバーということで懐かしかった。でも由紀さおりってもっと高音歌手かと思っていたのにかなりアルトっぽく演歌調だったのでちょっとびっくり。まあ、結構、オトシだから声も低くなるのかな?ただ選曲のせいもあるけど、なんか酒場のマダムが歌っている感じがして(すねたセリフ入りの曲も複数入ってるし)、ワタクシ的にはもうちょっと本来の由紀さおり風の方が好ましい気がするのだけど。

ネットで購入したのだけど、1枚じゃなんだから、とおもって、ついでにKitaroの「シルクロード」も買った。昔カセットでもってたんだけど。やっぱりこれが原点、のような気がする<Kitaro

というわけで昔の日本をちょっと懐かしんでいる。

« いろいろ(212)糸こんにゃくに期待 | トップページ | いろいろ(214)大腸菌の色 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/53390991

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(213)「1969」:

« いろいろ(212)糸こんにゃくに期待 | トップページ | いろいろ(214)大腸菌の色 »