フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(204)「靖国への帰還」 | トップページ | いろいろ(206)「間違われた女」 »

2011年11月13日 (日)

いろいろ(205)「どこから行っても遠い国」

川上弘美「どこから行っても遠い国」を読んだ。東京郊外の街を舞台にそこに登場する人物のエピソードが独立しながら微妙に少しだけ重なり合っていく、という手法でなかなか面白い。

エピソード自体はちょっとヘンな人はいっぱい出てくるけどフツーの内容。川上弘美作品はちょっとだけヘンという部分が面白いですね。後味も悪くないし。

本日は会計処理なんかに勤しもうかとも思うのだけど、やる気起きないし、別に今日でなくても良いので、だらだらとすごそうかと流されていく○○歳最後の日。

« いろいろ(204)「靖国への帰還」 | トップページ | いろいろ(206)「間違われた女」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/53235668

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(205)「どこから行っても遠い国」:

« いろいろ(204)「靖国への帰還」 | トップページ | いろいろ(206)「間違われた女」 »