フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(166)「紫の女殺人事件」、「月のしずく」 | トップページ | いろいろ(168)「闇の守り人」、「夢の守り人」 »

2011年8月16日 (火)

いろいろ(167)「精霊の守り人」

上橋菜穂子「精霊の守り人」を読んだ。成田空港でオトナ買いした「守り人」シリーズ(文庫本)の最初の本。

「獣の奏者」の前にこんなの書いてたんですね~、上橋さん。古代アジアの皇帝国の第二皇子(チャグム)のおなかに水の妖怪(?)の卵が宿っちゃって、それを狙うイソギンチャクとサソリの合いの子のような化け物から皇子を守って、ちゃんと卵を海まで運んでやらねばならぬと、用心棒になったのがバルサという風来の30歳の女性槍使い。

ま~、おどろおどろしくて面白いっす♪ヌメヌメした感触も魅力。それにしてもニュンガ・ロ・イム(水の守り手)とかヨナ・ロ・ガイ(水の民)とかの呼び名がちと「専門的過ぎる」ような気もするんだけど。。

さあ、次はシリーズ第二作「闇の守り人」ですわん♪

« いろいろ(166)「紫の女殺人事件」、「月のしずく」 | トップページ | いろいろ(168)「闇の守り人」、「夢の守り人」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/52485361

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(167)「精霊の守り人」:

« いろいろ(166)「紫の女殺人事件」、「月のしずく」 | トップページ | いろいろ(168)「闇の守り人」、「夢の守り人」 »