フォト
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

いろいろ(158)「青い鳥」

重松清「青い鳥」を読んだ。中学校でいじめられる生徒を救う吃音の臨時国語教師村内先生の短編シリーズ。

重松清は最後にほろっとさせる設定がすごい。

引用されていた草野心平のカエルの詩がまたすばらしい。

 ぎやわろッぎやわろッぎやわろろろろりッ
 ぎやわろッぎやわろッぎやわろろろろりッ
 ぎやわろッぎやわろッぎやわろろろろりッ

カエルの鳴き声だそうです。。

 

2011年7月28日 (木)

いろいろ(157)禁断のシャンペンとポテチ

一週間ほど独身生活♪仕事はあるけど夜は好きなものを食べ放題&飲み放題。

冷蔵庫の奥でひっそりと寝ていた「黄色い未亡人」(Veuve Clicquout)を音を立ててあけて一人で乾杯。シャンペンの女王様、黄色い未亡人はお値段も女王で、私が飲むのはハーフボトルで199クローナ(約2400円)。エコロジカルなポテトチップも購入し、キャベツサラダにさつま揚げという、書いてみるとう~むむ、のおつまみで束の間の至福。

ポテトチップはエコロジカルショップで試しに買ってみたけど、まあ、フツーのポテチ。これだったらデボラクネッケの方がずっと美味なので、そちらも一袋全部食べちゃった。

で、今朝は体重増加。。量は食べてないのになぁ??ま、めげずに酒屋に行ってロゼワインを調達して、サカナはソーセージの焼いたのに玉ねぎのマリネ、乾き物はポテチの残り。明後日はどっしりとした赤ワインとチキン・レバーのから揚げと焼き長ネギ&カシューナッツなんかで攻めてみようかと計画ちう♪

2011年7月25日 (月)

いろいろ(156)「借りぐらしのアリエッティ」と「ブルー・タワー」

日本で「借りぐらしのアリエッティ」のDVDを買ってきたのだけど昨日ようやく観ることができた。原作の「床下の小人たち」(メアリー・ノートン)は私が子どもだった頃とても好きだった本だった。糸巻きの芯を椅子にするとか、胡桃の殻をおわんにするといった「再利用」がとても面白かったのだった。「借りぐらしのアリエッティ」ではそこのところをもうちょっといろいろ描いてくれればよかったのに、、とちょっと残念。でも綺麗な映像が良かった。日本で「コクリコ坂」の映画も観てきたけど、アリエッティの方が良かったと思う。ジブリではなんといってもナウシカが好き♪

「ブルー・タワー」(石田衣良)は成田で買っちゃったんだけど前に読んでましたね。。まあ、最初のところをあまり覚えていなかったので再読でも結構楽しめましたが。鳥インフルのウィルスが人間に致死的なウイルスに変身、というのは以前にまじめな感染症のセミナーでちょっときいたことがある。世界中の渡り鳥は中国奥地の湖に集合するので世界的なウイルス蔓延を防ぐ手段は無いのだとか。全世界の鳥が集合、なんて魔女の世界会議みたいで、なんか現実がSF的。

2011年7月23日 (土)

いろいろ(155)「プリンセス・トヨトミ」

万城目学「プリンセス・トヨトミ」を読んだ。大阪城の下に大阪国が存在していて明治政府との条約に基づき日本国から5億円の経費を受けていたので会計検査院が検査に行く、という話。タイトルのネーミングが良いですね。

プリンセスが主人公ではないのが面白い。アイスクリームに凝る男とか不正を見つけるとトイレに行きたくなる男とか超美人のハーフの女とか会計検査院の三人も主人公の設定がなんとなく海棠尊調。お姫様を守る男子中学生がオンナノコになりたくてセーラー服通学をする、というのもひねった設定。男のロマンを知っていて見守ってきたのは女だというオチもお見事。

荒唐無稽ではありますが力で引っ張られましたです。

いろいろ(154)「おばさん未満」と「還らざる道」

酒井順子「おばさん未満」と内田康夫「還らざる道」を読んだ。

「おばさん未満」はもうちょっとでおばさん年齢に達する酒井順子のエッセイ。かつて通ってきた道、のような、ああ、そうだったわね、、と思うけれど、一方、それがどうした?という感想も抱くから、まあ、購入時に他に適当な本が無かったとはいえ、読まなくても良い本だった。

「還らざる道」は林業にまつわる殺人の謎解きで、ちょっとストレートすぎる展開かも?内田康夫の手法もちょっと鼻についてきたかなぁ。。

市立図書館から借りたモニカ・ファーゲルホルムの厚い本2冊もあるんだけど、体力不足で表紙を開く気になれない。。「水辺の女たち」はヒコーキの中で少し読んだけど。

というわけでちょっとコドモじみた絵柄のファイナルファンタジー外伝をニンテンドーDSiLL(今回購入)の特大画面で突き進んでいくのであった。

2011年7月22日 (金)

いろいろ(153)「舞姫テレプシコーラ」

日本で漫画をオトナ買い。

今回は「ガラスの仮面」の抜けていた巻(45)と「あたしんち」の最新巻と「裁縫女子」というのと「舞姫テレプシコーラ」(山岸涼子)の第一部&第二部全巻。

テレプシコーラというのは以前にこちらから買おうとしていて手違いで注文が消えちゃってまあ、いいやとペンディングになっていたもの。テレプシコーラというのはギリシア神話に登場する文芸の女神達のうちの一人で合唱と舞踊の女神だとか。バレエ漫画だから女神の名を冠するのは良いのだけれど、テレプシコーラってなじみがないから音の響きでかなり違和感。。

で、内容は六花(ゆき)ちゃんがバレエの世界で開眼していく物語なんだけど、より才能のあった姉の千花(ちか)ちゃんは膝の手術の失敗で自殺しちゃうし、六花ちゃんのクラスに一瞬転校してきた謎のビンボー少女空美(くみ)ちゃんは悲劇のプリマに教わりつつ親に児童ポルノでバイトをさせられるし、、という暗い現実背景も描かれていたりするもの。

ストーリーが跳んでいく(かなり不美人のビンボー少女が謎の中国系アメリカ人美女に変身してるんだけど説明は無い)のがちょっと読者に不親切だと思うけれど、オトナ買いで一気に15冊読むのは快感。

バレエって美しくて良いと思いますわん♪

2011年7月19日 (火)

いろいろ(152)そして彼は天国へ旅立った

昨日の夜遅くストックホルムに戻りました。

私の顔を見て愛犬は喜んで、お土産のおもちゃで遊び、多分私への心遣いから(食欲も皆無だっただろうに)きゅうりを二切れ食べましたが、夜中にまたかなり具合が悪くなったので、今日の午前中動物病院に連れて行き安楽死の注射を打ってもらいました。
家に戻って後始末を開始していますが、なにから手をつけてよいかわからない感じです。

いつかは別れがくることは分かっていたけれどこんな形で終わるとは思っていなかったし、10年以上一緒に暮らした思い出の取り扱い方に途方にくれています。

2011年7月17日 (日)

いろいろ(151)猛暑旅行総括

明日瑞典へ帰国。

今回の日本旅行は私の出発早々愛犬が発作を起こして危篤になったり(まだ継続中)、日本は体温計で気温を測った方が良いんじゃないかと思うレベルくらいの猛暑で(今日の予想、熊谷は38℃だって。東京は34℃だけど)もー、体が溶けちゃいそうだし。ちょっといつものただの日本旅行とは異なる趣きだった。

その中でサラリーマンはちゃんと背広着てるし(外歩きの時は脱ぐんだろうけど)、黒長袖スーツ&ストッキング&パンプスのお仕事女性も電車の中でお化粧直ししてるし。どーでも良い格好の人ももちろんいるけどそれなりに夏仕様になっている。首にバンダナみたいのを巻いている人も結構見て、あとで聞いてみたら中にジェルが入っていて冷蔵庫で冷やしておいたのを外出時に使用するのだとか。(欲しいかも。。)

食事は安くて美味だった。交通費は相変わらず高かった。人に会えてよかった。ゲームはめぼしいものがなかった。漫画はテレプシコーラがゲットできて良かった。

それでも私はここには属していない感が毎回強くなっていく。明日、スウェーデンに帰国する。

2011年7月 9日 (土)

いろいろ(150)日本の夏、水分の夏

日本はやっぱり蒸し暑いです。これから数日33℃くらいが続くんだそうで。。溶けちゃうかも。。

でも、水分が体に吸着するのか体重は減らない気がする。測ってないけど。

その暑さの中、若い女性はブーツをはいてたり、二の腕から手先までの手袋(腕袋)みたいのをはめてたりして。。ファッションってヘン。

それにしてもヒトヒトヒト。人間が多いと気温も上がるのではない?

2011年7月 7日 (木)

いろいろ(149)夏休み

なにはなくとも夏休み♪

猛暑・節電地獄モードの日本へ。図書館でモニカ・ファーゲルホルムの「Diva(ディーヴァ)」と「(Underbara kvinnor vid vattnet(水際の素晴らしい女たち)」を借りてきた。ヒコーキの中で読む予定だけど厚くて重いんだなぁ。。

おみやげはいつもチョコレートなんだけど、融けちゃうだろうからエコロジカル・シナモンクッキーにした。安く上がるのはよいのだけどかさばるのよね。。

というわけでいってきます。

2011年7月 4日 (月)

いろいろ(148)服装計画

あまりにも日本が暑い、というニュースばかりなので恐怖心があおられる。。スーツはナシにして(真夏のスーツを着てたのはン十年前だからウエストサイズやカタチが論外になってしまってるし)、ワンピに半袖ブラウスを上着代わりに、という路線で行くことにした。

定宿のホテルはバスルームが狭くてせいぜい下着くらいしか干せないし、今回は途中で北の方に旅行するので仮に洗濯できなくてもOKなように前10日分の服を全部持参することにした(昼用夜用両方用意しなければならないので大荷物。。)。

ワードローブを探索すると結構忘れ去られたワンピースやブラウスが出現するのだけど、イマイチ髪型や体型に合わなくなってしまっているので、今週末もお買い物に走った。土曜日の9時55分に某デパートに着き、10時の開店を待って攻め込み、ワンピース二着ゲット♪土曜日の開店早々ってお客さんが少なくてとっても買い物しやすかったのは新発見。

それにしても暑いのは嫌い。明後日、美容院で、首筋に掛かる分を全部切ってもらわねば。

それでも3月に無理していかなくて良かったのかなぁ?とふと考えたりする。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »