フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(154)「おばさん未満」と「還らざる道」 | トップページ | いろいろ(156)「借りぐらしのアリエッティ」と「ブルー・タワー」 »

2011年7月23日 (土)

いろいろ(155)「プリンセス・トヨトミ」

万城目学「プリンセス・トヨトミ」を読んだ。大阪城の下に大阪国が存在していて明治政府との条約に基づき日本国から5億円の経費を受けていたので会計検査院が検査に行く、という話。タイトルのネーミングが良いですね。

プリンセスが主人公ではないのが面白い。アイスクリームに凝る男とか不正を見つけるとトイレに行きたくなる男とか超美人のハーフの女とか会計検査院の三人も主人公の設定がなんとなく海棠尊調。お姫様を守る男子中学生がオンナノコになりたくてセーラー服通学をする、というのもひねった設定。男のロマンを知っていて見守ってきたのは女だというオチもお見事。

荒唐無稽ではありますが力で引っ張られましたです。

« いろいろ(154)「おばさん未満」と「還らざる道」 | トップページ | いろいろ(156)「借りぐらしのアリエッティ」と「ブルー・タワー」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/52288312

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(155)「プリンセス・トヨトミ」:

« いろいろ(154)「おばさん未満」と「還らざる道」 | トップページ | いろいろ(156)「借りぐらしのアリエッティ」と「ブルー・タワー」 »