フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(142)「RURIKO」 | トップページ | いろいろ(143)「睡蓮の池」と「江戸期のスウェーデン」 »

2011年6月18日 (土)

バイキングの娘(23)「悲劇のバイキング遠征」

マッツ・G・ラーションの「悲劇のヴァイキング遠征」を読んだ。王家の息子イングヴァールが700人あまりを率いて黒海を通ってグルジアにまで至り、その地でさらにカスピ海までをめざし、(その地の政争に参加し、相手を打ち破ることに)成功したものの疫病でほとんど皆死んだ、という悲劇の物語。

著者は理系の人で技術的な観点からバイキング舟を分析したり、アイスランド・サーガに残る記述とスウェーデンに残るルーン石碑に彫られた文言と地理的な考察を加え、従来黒海で止まっていたバイキングの軌跡をカスピ海まで延ばした、のだそう。グルジアの史書とつき合わせた分析が功を奏したのだとか。

ヴイングヴァールの一向は1041年に死亡したのだそうで、その数年後にスウェーデンに戻ってこられたバイキング舟一隻分の人びと(20人くらい?)が、待ちわびていた王様と家族に悲劇を報告し、その結果特にイングヴァール石碑とよばれるルーン石碑(現在26基が確認されている<ルーン石碑自体はスウェーデンに3000基あるのだそう)が建てられたのだとか。

なんか、すごいよね。ちょっと断片的なイメージしか思い浮かべられないけど。

« いろいろ(142)「RURIKO」 | トップページ | いろいろ(143)「睡蓮の池」と「江戸期のスウェーデン」 »

バイキングの娘」カテゴリの記事

コメント

そういえば、この話とは別の遠征の話と思いますが、ロシアの地名や人名にはバイキング由来のものがあるそうですね。ずっと昔、語源学(地名学だったかも)かなにかの記事で読んだ覚えがあります。

昔の遠征はともかく大変だったみたいで、マゼランの世界一周でも、帰り着いたのはほんの一握りだったと思いました。

Blogというものの使い方をもう少し知りたく思い、このBlogをRSSリーダで読むように設定してみました。そうすると、うちの設定では、新しい原稿がアップされるごとにメールが届く(メーラーに記事が転送される)ようになりました。ただ、メーラーから記事にコメントを付けるのは無理みたいです。

東への遠征は西への遠征に比べるととっても大変だったみたいです(西は海だから嵐だけと戦えばよかった。あ、アメリカ大陸で原住民と戦って敗れたみたいですが)。その軌跡に沿ってバイキング由来の名前が残っているそうです。

Blogというのが良くわからずに突き進んでいます。いまだにバナーが形にならないし。。昔一度試みたようにホームページを作ってみたいな、とも思っているのですが、世の中はツイッターの時代でいまさらホームページを手作りしてもしょうがないかも、とも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/51977360

この記事へのトラックバック一覧です: バイキングの娘(23)「悲劇のバイキング遠征」:

« いろいろ(142)「RURIKO」 | トップページ | いろいろ(143)「睡蓮の池」と「江戸期のスウェーデン」 »