フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(145)「海の深み」と「開けた海」 | トップページ | いろいろ(147)あづい »

2011年6月26日 (日)

いろいろ(146)「もりだくさんすぎ」

よしもとばなな「もりだくさんすぎ」を読んだ。これは出してはいけない本だと憤った。最後まで読んだけど。1年間のブログ日記ををそのまま本にしたもので、一般読者には通じない内輪話なのだ。ばなな信奉者だったら読んでて楽しいかもしれないけど、あまりにも??ばっか。。

週刊誌のエッセイを一冊の本にまとめる、というのならまだわかる。林真理子とか東海林さだおとか。エッセイとして書かれたものだったら少なくとも状況説明はあるだろう。それが全然ないのですわ、この本には。

よしもとばななの小説はそんなに嫌いじゃなかったんだけど、あまりにこの本に失望しちゃったので、当分読みたくないかも。。

« いろいろ(145)「海の深み」と「開けた海」 | トップページ | いろいろ(147)あづい »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

ツイッターなんかをやっているとご本人のリアルなお友達以外には理解不能なネタが多くてストレスになるんですね(自己責任でフォローしてるんだからしょうがないんですけど)。それをストレスに感じる人も多いですが若い世代の人は「ネットとはそういうもの」と思っているのかもしれませんね。免疫があるというか・・・。

ツイッターにはまだ手を出していません。なんせ律儀な性格なので全部にコメントしなければっ、という気になりそうだし。Mixiもお友達になってください、っていうのが対応面倒でやめちゃったし。アイドルさんとか政治家さんとか、そこのところはどうさばいているのでしょう?そのうちツイッター記録を本にしましょう、なんてなるのかしら?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/52047678

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(146)「もりだくさんすぎ」:

« いろいろ(145)「海の深み」と「開けた海」 | トップページ | いろいろ(147)あづい »