フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(129)金運上昇のためには | トップページ | いろいろ(131)最近のオカズ »

2011年5月15日 (日)

いろいろ(130)「シューカツ」と「反貧困」

石田衣良「シューカツ」と湯浅誠「反貧困」を読んだ。「シューカツ」は就活で、7人(男4、女3)の仲間でシューカツ・チームを組んでマスコミ関係を受ける大学3年生の話。ちょっと小説にしてはこなれてない感じ。そういえば私はシューカツしたことがないんだなぁ、と思いながら読んだ。まあ、現代は石器時代とは事情が異なるのだろうけれど。

「反貧困」はワーキングプアの話。NGOの「もやい」を作った人の現場レポと日本社会分析。セーフティーネットから落ちてしまった人達(ネットカフェ難民とか)は彼ら自身が悪いのではなく、社会の方が悪いのだと。そのとおりでしょうね。

外は白樺花粉の最盛期のようで、ちょっと症状が出ている。でも今年は今までのところかなり軽く済んでいるのは低温の日が続いたせいかも?家の中でごろごろして、行く末を考えたりしている。

« いろいろ(129)金運上昇のためには | トップページ | いろいろ(131)最近のオカズ »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

信楽さんの場合、就職するのか学校に残るのか決めかねて、双方何もせずただあたふたしている間にいつの間にか決まっていましたcoldsweats01。こういう学生さんが就職すると、ただ慌てふためいて時間が過ぎてゆくことになる(*^O^*)

落ち着いてきて思うことは、あまり考えすぎず、自分の基準を(外から与えられた基準でなく、本当に自分の)大切にすればよかったかな・・。苦労はしたと思うけれど、どういう道を辿ったとしても、苦労なしの道というのも考えにくいし、なら自分の素直な基準を大切に。

もっとも、その基準がよくわからなくてうろうろしていたのが、信楽さんとしては一番の大問題だった・・;

我々の世代では(と、一括りにしてしまいますが)三年生からのシューカツというのは無かったような気がします。私は最初から進学するつもりで、それがやがて妙な方向へ流れていってずるずる続いちゃったわけだけど。運が良いといえば良いのだけどいつも第一希望ではなく、第二希望だったような気もするなぁ。自分の基準、って最後は瞬間的な勘だったりして、私の場合は。

信楽さんの場合、なにを間違ったか入院した(院に入った^^;)ときには第四志望でした。純粋物理で一から三まで書いておいたのだけれど、落ちた^o^;。

でも今から思うと情報系でいられてよかったと思ってます。とても有名な方と話すきっかけがあったのに
生かせなかったのは、今から思うと残念ですが、こちらが未熟だったからでは仕方ない。

就職してからは、アップアップしながら流された感じが強かった・・・ ・・;

そうですか、我々は入院したのですか(笑)。第四志望が当たりでよかったですね。人生、流されることも、動けないときもあると。自分でどうにもできないと嘆くこともあるけど、自分の選択でもあった、ともいえますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/51675767

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(130)「シューカツ」と「反貧困」:

« いろいろ(129)金運上昇のためには | トップページ | いろいろ(131)最近のオカズ »