フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(87)「死神の精度」 | トップページ | いろいろ(89)計るだけで痩せる »

2011年2月 6日 (日)

いろいろ(88)「コロッケの丸かじり」と「うずまき猫のみつけかた」

東海林さだお「コロッケの丸かじり」と村上春樹「うずまき猫のみつけかた」を読んだ。

「コロッケの丸かじり」は丸かじりシリーズの27冊目で、週刊朝日の「あれも食いたいこれも食いたい」連載時に読んでいるものもあるのだけれど食べ物の取り上げ方が面白いです。実際に実験できるものは実験してるし<レンコンを丸かじりしてみたとか。今回のはまじめにいろいろ取り組んでみた系のものが多かったので、私としてはもうちょっと奇想天外系があるほうがいいのにな、とちょっと残念<「野菜の中で一番偉いのは誰か?」みたいなのとか<なんの丸かじりのときに入ってたか忘れちゃったけど

「うずまき猫のみつけかた」は1990年代半ばにアメリカに住んでいた村上春樹のエッセイ。軽くて面白かったです。エライ小説家になると外国の大学から招かれて少し講義をして後は生活を楽しみつつ小説を書く、なんていうことができるようでうらやましいですねぇ。ま、でも、村上春樹レベルくらいの英語の達人でないとせっかく外国に行く意味が無いかもしれないけれど。

外はまだまだ雪景色。リサイクルのための紙パッケージを捨てに行くのにも重装備で出なくちゃいけないからめんどくさい。。

« いろいろ(87)「死神の精度」 | トップページ | いろいろ(89)計るだけで痩せる »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/50787522

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(88)「コロッケの丸かじり」と「うずまき猫のみつけかた」:

« いろいろ(87)「死神の精度」 | トップページ | いろいろ(89)計るだけで痩せる »