フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(85)「ねにもつタイプ」と謎の殺人事件 | トップページ | いろいろ(87)「死神の精度」 »

2011年1月30日 (日)

いろいろ(86)「下流の宴」と階層考

林真理子「下流の宴」を読んだ。本人が実際に体験したためか、階級上昇志向というか上流への憧れというのは良く彼女の小説のテーマとして出てくる。医者とか東大とか、今でも日本の上流のイメージというのはそういうものなのかしらね?

小説の中では結婚しようとする相手(やる気の無いイケメン)の母に「あんたは下流だ」とバカにされて一念発起して医学部合格を目指す沖縄出身の女の子(タマオ)の設定が面白かった。

北欧ははずれにあるとはいえ、ヨーロッパにいると確かに「階級」というか「階層」があるのだな、ということは感じられる。こちらの社会学では「階層」を分けるときに親の学歴で分けるのが普通だけれど、学歴というよりは「文化・教養」の蓄積の違いだと思う<ま、ここでいう文化とは<西欧文化>なのですけれどね

スウェーデンには「(みるからに)お金持ち」という人びとはそれほどいないと思うけれど、社会全体、国全体に「ストック」があるような気がする。寒い国だから有事の飢餓に備えて何らかの形で<蓄え>をもっていないといけないのかもしれないけれど。

召使や他の知らない人びとにかしずかれるのは多分こそばゆいだろうなぁ。。<私の「上流階級」のイメージはかなり陳腐かも。王室とかはしきたりとかいろいろ縛りがありそうで大変だろうなぁ。スウェーデンには「貴族」がいるけど彼らもお城の維持が経済的に大変のようです。

ずっと中流でいいけどオカネはもうちょっとあったら楽しいかも、と思ったりもするのであった。そのためにアクセクする気はまったくないのだけど。

« いろいろ(85)「ねにもつタイプ」と謎の殺人事件 | トップページ | いろいろ(87)「死神の精度」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/50728648

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(86)「下流の宴」と階層考:

« いろいろ(85)「ねにもつタイプ」と謎の殺人事件 | トップページ | いろいろ(87)「死神の精度」 »