フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(78)お買い得過ぎるゲーム | トップページ | いろいろ(80)「I'm sorry, mama」と「人間の覚悟」 »

2011年1月 7日 (金)

いろいろ(79)「それってどうなの主義」

斉藤美奈子「それってどうなの主義」を読んだ。1998年~2004年頃のエッセイ集。斉藤美奈子は「まとも」な感覚を持っている=私の抱く感想と近い反応をする、くらいの意味だけど、と常々思っていた。

サヨク・ウヨクを知らない若者がいる、とか、「伊豆の踊り子」の主人公(新潟の女の子)が東京山の手の奥様言葉をしゃべるように書かれている、とか結構面白いエピソードが多かった。

斉藤美奈子は新潟出身なのだそうで、エッセイにも新潟ネタが結構あって、新潟のオンナノコに負けて大失恋をした私としてはちょっとほろ苦い香辛料をなめさせらる感じもしないではないけど。

本のタイトルの「それってどうなの主義」というのは、違和感の表明だそうで、1)世間の常識に違和感を覚えたときにつぶやいてみる=冷静な客観的判断を促す、2)人生の大波に飲まれそうになったときにつぶやいてみる=頭を冷やし自分を取り戻す時間を得られる、3)周囲でよからぬことが進行しているときにつぶやき、水をかける、という効用があるのだそうです。ま、小さな開き直り?

それにしても、日本の社会はヘンになってきている、と、エッセイ集のネタになっている98年~04年の出来事を振り返って思う。その後さらに「変度」が進んでいるというべきかも?

« いろいろ(78)お買い得過ぎるゲーム | トップページ | いろいろ(80)「I'm sorry, mama」と「人間の覚悟」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/50514897

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(79)「それってどうなの主義」:

« いろいろ(78)お買い得過ぎるゲーム | トップページ | いろいろ(80)「I'm sorry, mama」と「人間の覚悟」 »