フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(65) どっちでも良い小説 | トップページ | 北欧の詩(122) 「見知らぬ国々」 »

2010年12月15日 (水)

いろいろ(66) ふたご座流星を見ました!

ふたご座流星群を追ってマイナスの気温の中、雪の野原に立ち尽くし、、1個見ました!

でも、あっという間なのね。。「お金持ちになりたい」とか「美人度を上げたい」とか「ずっと幸福感に溢れていたい」とか10番目くらいまでの<星に願いを>を用意しておいたのに、まーーーったく間に合いませんでした。。

ま、でも、初めて流星を見られて幸福ですわん♪

« いろいろ(65) どっちでも良い小説 | トップページ | 北欧の詩(122) 「見知らぬ国々」 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

野原で何時間か仰向けに寝る(眼は覚ましてる)のですよ。それもできるだけ人里離れた森の中とか。そうすればいやというほど流星が見られます。
地球が自分を張り付けて暗黒の宇宙空間に向かって恐ろしい速度で飛んでいるという感覚も味わえます。

今年は太陽活動が弱いので、この辺りではオーロラが観測できないですね。低温にも関わらず太陽柱もまだ見られないし。

大量に雪が積もっている中で仰向けに寝たりするとそのまま昇天してしまうかも。。
今年は宇宙のニュースが多くてワクワクしますね<土星の輪とか冥王星&火星の水とか
来年春くらいにまたオーロラを見に行きたいなと思っています<今度はトロムソあたり?

空気がきれいな山の上で、という手もありますね。

何年か前、終バスが出てしまったあと、自宅まで徒歩での道すがら、見上げた夜空に流星が走ってゆくのを見たことがあります。花火が横に走るような感じで音が聞こえたような気がしました。

当時はわけのわからない人間関係の真っただ中にいて、普通の生活に入れることだけを願っていました。

ウチの近くの野原、夏だったら寝転がることもできて「流星観察」にはよいところなのですが、さすがに雪の中では。。<明日はマイナス14℃の予想
流星が心を癒してくれたかのような?<何年か前のSigaraki博士

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/50305239

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(66) ふたご座流星を見ました!:

« いろいろ(65) どっちでも良い小説 | トップページ | 北欧の詩(122) 「見知らぬ国々」 »