フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(59) 雪 | トップページ | いろいろ(61) マノンなのん »

2010年11月30日 (火)

いろいろ(60) 人間の責任

犬を飼っている。来年早々に10歳になるのでもう老犬だ。人間の年にすると80歳くらい?5kgくらいしかない小型犬だけれど猟犬のタイプなので散歩のときにはこちらが引きずられるほど力が強い。

スウェーデンでは犬は室内で飼う。だって外だと凍え死んでしまうから。一日に数回(普通は2~3回。ウチはとても散歩の好きな犬なので4回)外に連れ出すのは犬のトイレの必要のためでもある。

10年の間に子どもたちが巣立ってゆき、犬の散歩のスケジュールを守るのが大変になってきた。スウェーデンの法律(「動物保護法」)では6時間以上犬をひとりきりにしてはいけない。というわけで夏休み明けから「犬の保育所」とよばれる預かり所にトライしてみたのだけれどウチの犬にはむかないということが分かった。施設に慣れるには犬のタイプと年齢的なタイミングも重要のようだ。

明日から新しいサービスである「犬散歩人」(ドッグ・ウォーカー)を使うことにした。犬とともに生きるのはある意味で人間の子どもを育てるより大変だ。それでもあと5年か10年かウチの犬が生を全うするときまで一緒に暮らすために努力するのは当然だと思う。そんな決意を新たにしているときに友人から日本で捨てられた動物を救う活動をしているNPO(リンクはここ)を紹介してくれないかというメールが来た。

飼い主の高齢化とか突然出てくるアレルギー(私自身犬が来て5年経つまで自分が犬アレルギーだとは気づかなかった)とかペットと一緒に暮らしたくても暮らせなくなることもでてくるだろう。そんなときに手を差し伸べてくれるところがあるべきだと思う。紹介してくれた友人によるとこのNPO法人「アニマルレフュージ関西」の設立者は「動物の問題は人間の問題です」が口癖だという。今度日本に行ったら関西まで会いに行ってみようかと思ったりもする。

(ウチの犬↓)

Pricken20100728_067a_2

« いろいろ(59) 雪 | トップページ | いろいろ(61) マノンなのん »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

ワンコと飼い主の関係はとても難しい面がありますね。一件一件別な話で、とても一般論なんか言えない。(人ごとではなかった。)
飼い主が飼えなくなってしまうことは起こりえることで、そのときに、無理に飼い続けて事故でも起こしたらワンコと飼い主のどちらにも良くないし、たまたまワンコに独立心(?)があってよそでもやって行けるなら別の飼い主を捜すでもいいけれど、ワンコと飼い主の繋がりが強ければ離れられないということにもなるでしょうし。しかし猫ならともかくワンコに独立心は似合わない。(以前ちょっと辛い決断をしたけれど、それはそれでこの場合はそうする以外仕方がなかったと思うことにしている。)

そうですね<一般論なんか言えない。
でも正直ほんとに買い始めたときには私の首をかける(#仕事をやめるかどうかまで考えた)かもしれないという事態に至るなんて思いませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/50174254

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(60) 人間の責任:

« いろいろ(59) 雪 | トップページ | いろいろ(61) マノンなのん »