フォト
無料ブログはココログ

« いろいろ(55) 再校終了間近 | トップページ | いろいろ(57) 眠りの森の美女の足技 »

2010年11月27日 (土)

いろいろ(56) 編曲と編集と

昔、憧れていた人が音楽関係者だったので、「古典音楽家ってどんな人達だったの?」という質問を投げかけたことがありまして<どういう脈略だったか忘れたけど

そしたら「今風に言えば編曲者だったのですよ」という答えが返ってきて、へぇー、と思ったことがあります。

そういえばヨーテボリの友人は中世や古典音楽の楽譜の残っているところから、残っていないところを類推して楽譜を書くという途方も無いことをしているのですが、それも各パート別の楽譜が残っていて(たとえばチェロが担当する伴奏部分が残っていて、ヴァイオリンが弾く主要部分が残っていないとか)、多くの場合主要メロディーの部分が貸し借りされていたようで、途中で消えちゃう危険が多かったのか、一番残っていないのだそうです。つまり昔の作曲家はいろいろパーツに分けて楽譜を書いてたのね?

で、なんでこんな話になるかというと、作家と編集者の関係もまた、作曲家と編曲者(←こういう言い方するのかな?)に似ているのかも、とちょっと思ったりしたもので。。

昔は、ただ書き流していればよかったの<Pricken@作家モード。私が主要メロディーだけを提供すればあとは編集者がコネコネして完成作品にしてくれたから。

でも多分、今は時代が違ってきているのかな?とちょっと考えたりしました。メロディーだけじゃなくて全体を最初から考えなくてはいけないという風に?

春樹さんじゃない方の作家の村上さん(えーと、龍さんだったっけ?)とよしもとばななさん等が編集者無しで作家が電子書籍を出版する、と発表したとか?でもそれってやっぱり作家にとっては負担なんじゃないかと思ったりもするのですわ。いくら編集ソフトがあったとしてもやっぱり執筆と編集というのは異種の作業だと思ふ。。

« いろいろ(55) 再校終了間近 | トップページ | いろいろ(57) 眠りの森の美女の足技 »

いろいろ」カテゴリの記事

コメント

貸し借りというのはよくわからないですが、少なくとも、ベートーヴェンより前の世代の作曲家はパトロンの庇護のもとで作曲していたので、元はどこかにというパターンがあったのかもしれないですね。ベートーヴェン以後の世代は出版社に作品を売って生計を立てていたので、書くところは書いていたと思います。少し違うかもしれないけれど、「未完成」なんかも実は一旦は完成したのだけど、後ろの二章を別の作品に転用してそのままになってしまった、という話を聞いたことがあります。

電子文書はできることが決まっているから、編集者なしでもそこそこの所まではゆく、というのが真相に近いのではないかな。技術のプロモーションには作家の協力ということも大切なんでしょうけど、信楽さんには、宣伝文句にあるほど大量に本を持ち歩くパターンが想像できません。しかも、思ったことをその場で書き込むのが意外に難しい電子文書の形で。

そういえば、信楽さんのメモCD送りました(^^;)。しかしあの文書は永遠の未完成版になると思います。当事者になる予定がないまままとめても、どこか筋金が入らない・・・

もうなくなっちゃったけどストックホルムのコンサートホールの横にクラシック音楽を主に取り扱うお店があって、そこで楽譜も売ってました(私は買ったことが無かったけど)。楽譜というのは貴重なものなのだろうなと横目で見ながら通勤してました。
そうですか。未完成転売ねぇ。。作家が短編を長編に膨らます、という話は結構聞きますね。
ヒコーキに乗るときには結構本を持ち歩きます。文庫本が多いですが。そんなときには電子書籍も良いかなとも思うけれど、機内放送で(発着時に)もう読むのはストップしてとかアナウンスが入るのはむっとくるかも?
信楽博士CD楽しみにしてます。お返しに送るための住所ちゃんと書いてくださいました?前のお仕事の連絡先しか残っていなかったのでちゃんと届くところを教えてくださいね~。

素晴らしき労作(まだ中身見てないけど)届きました。どうもありがとうございます!素敵な詩もありがとうございました。私も今年のクリスマスカードの詩を選ばねばっ。本の方は来年になると思いますがいただいた住所にカードを送ります。

あ、無事届きました?よかった。
出版日が来年になっているのは間違いではなく、研究メモについてはそのころまでにはドラフト・れべるにまで持っていきたいと思っているからです。(あと何回か、書き直すことになるだろうということ。)

ドラフト以後の発表など全然あてはないですが、もしかしたらもう一回Blogをはじめて、まとまりごとに記事を作るかもしれません。

ブログ再開期待してます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561891/50140624

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろ(56) 編曲と編集と:

« いろいろ(55) 再校終了間近 | トップページ | いろいろ(57) 眠りの森の美女の足技 »